FXライントレードはゾーンで把握!トレンドラインと水平線のコツ

FXチャート分析手法

FXトレーダーのみつしろです。

この記事の最後には、ボクから「電子書籍と解説動画の無料プレゼント」をご用意しました。

この記事である程度の知識が頭に入ったら、とにかく実践することが重要です。

じゃあ、具体的にどんなことに取り組んでいけば良いのか?

その具体的な手法もこの「電子書籍と解説セミナー動画(期間限定で無料プレゼント中)」でお伝えしていますので、ぜひ手に入れておいてくださいね。

さらに言えば、今回の記事に合わせて、
プレゼントしている電子書籍と解説動画を学べば、
より相乗効果が発揮されるようカリキュラムも組んであります。

(もちろん、どちらか一方を学ぶだけでも十分効果があることは保証します。)

なので、ぜひこの機会に一気にトレードの力を上げてもらえたらと!


すぐに欲しい! という方はこちらからどうぞ

さて、それでは本題です!

Pocket

こんにちは、FXトレーダーのみつしろです。

今回は「ライントレードで勝つためのコツ」をご紹介します。

吹き出し画像
おむろん
みつしろさん! チャートにトレンドラインや水平線を引くと良いって聞いたんですけど、ラインの引き方や見方がいまいち分かりません。コツを教えてください
吹き出し画像
みつしろ
なかなか教科書通りに綺麗にラインが引けることは少ないからね
吹き出し画像
おむろん
そうなんです、後から見たら分かるんですけど、リアルタイムで見ているとわけが分からなくなってしまって…
吹き出し画像
みつしろ
そんなときは、1本のラインではなくて「ゾーン」で把握すると見やすくなるよ
吹き出し画像
おむろん
ゾーン!

この記事では、こんなことを解説していきます。

  • ライントレードって何?
  • これだけ見ればOK、2種類のライン
  • ラインを引く目的は?
  • ライントレードのよくある失敗
  • 水平線とトレンドラインの引き方
  • ゾーンで把握するライントレード
  • ライントレードの実例解説

解説するのは、証券会社・ヘッジファンドのディーラーを経験しトレード歴13年、12年負けなしのみつしろです。

1.ライントレードとは?

ライントレードとは、ライン(線)を引いてチャート分析をする方法の総称です。

複雑そうになチャートでも、ラインを1本引くだけで価格の節目や流れの切り替わりが見えてきます。

吹き出し画像
おむろん
なんだか見やすくなりました!
吹き出し画像
みつしろ
シンプルで有効なので、初心者からプロまで多くのトレーダーがライントレードを活用しているよ

MT4やトレーディングビューなどのトレードソフトにも、ラインを引く機能がついていますね。

続いて、ライントレードで使用する基本のライン、「トレンドライン」「水平線」を順番に紹介しましょう。

吹き出し画像
みつしろ
他にもチャネルラインとかフィボナッチとかもありますが、ボクは今はほとんど使ってないです。線を増やしすぎても逆に見づらくなるので、まずは基本の2種類をマスターしましょう
みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
ラインを引く最大の目的は、チャートを見やすくすること。まずは水平線とトレンドラインをマスターしよう!

2 トレンドライン

トレンドラインとは、トレンドを規定する重要な支持線(サポート)・抵抗線(レジスタンス)のことです。

吹き出し画像
みつしろ
ところで、トレンドの定義は覚えてるかな?
吹き出し画像
おむろん
えっと、高値と安値が両方とも切り上がっていたら上昇トレンド、両方とも切り下がっていたら下降トレンド、です
FXトレンドの定義

上昇トレンドの安値同士を結んだサポートのことを「上昇トレンドライン」下降トレンドの高値同士を結んだレジスタンスのことを「下降トレンドライン」と呼びます。

吹き出し画像
おむろん
見えない壁に跳ね返って上がって行ったり、押さえつけられて下がって行ったりしているみたいですね
吹き出し画像
みつしろ
このトレンドラインから、いろんなことが読み取れます。次で見ていきましょう

2-1 トレンドラインの見方・わかること

トレンドラインを引くと、

  • 相場の方向性
  • トレンドの強弱
  • トレンドの継続性

などを分析できます。

トレンドラインの角度で、アップトレンドかダウントレンドか、そしてトレンドの勢いがどうかがわかります。

しかし、実際のチャートではこんなに綺麗にトレンドラインが引けることはまれです。

吹き出し画像
おむろん
ズレてきたときはラインを修正した方が良いんでしょうか?
吹き出し画像
みつしろ
ラインはそのままで、レートがトレンドラインの下にいるのか上にいるのかを見ていればオッケーです

トレンドラインからずれるたびにラインを修正していると、チャートが線だらけになってしまいます。

レートがトレンドラインのどっち側にいるかを見て、ざっくり上目線か下目線かの判断材料にしましょう。

3つめの「トレンドの継続性」については、トレンドラインで反発せずに上抜け・下抜けしたらその流れは一旦終了と見ることができます。

吹き出し画像
みつしろ
しかし、トレンドラインだけだと証としては弱いので、エントリーポイントまでは決められません。ローソク足のパターンや移動平均線、この後解説する水平線などと組み合わせて使おう

2-2 トレンドラインの引き方のコツ

吹き出し画像
おむろん
トレンドラインの引き方のポイントを教えてください!
吹き出し画像
みつしろ
安値または高値を2つか3つ結んでラインを引いたら、あとは離れたりはみ出たりしても動かさなくて大丈夫です

トレンドラインは後から見たらきれいに引けても、リアルタイムで動いているときはなかなか分からないものです。

例えばこちらのチャート。

最初の高値2つをつないだ下降トレンドラインの下側でレートが推移し、最後は上抜けしていますね。

途中でラインを引き直す必要はなく、ざっくり下目線でトレンド継続なのか、流れが変わったのかがわかればOKです。

吹き出し画像
みつしろ
ヒゲを含めるとか含めないとか、トレンドラインは引き方が人によって違うため、ざっくり方向性を見ることにとどめておこう
吹き出し画像
おむろん
なるほど、トレンドラインを抜けたからと言って、みんながみんなすぐに「買いだ!」ってなるとは限らないんですね

動画での解説はこちら↓↓

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
トレンドラインには、①上昇トレンドの安値をつないだサポートの「上昇トレンドライン」と、②下降トレンドの高値をつないだレジスタンスの「下降トレンドライン」がある。トレンドの強弱や継続の判断材料になるが、細かいエントリーポイントまでは決められない。

3 水平線(サポレジライン)

斜めのトレンドラインに対して、水平線はその名の通り、水平に横一直線に引いた線のことです。

吹き出し画像
おむろん
高値や安値からそのまま横に引っ張れば良いから、簡単ですね
吹き出し画像
みつしろ
シンプルだけど、トレンドラインよりも水平線の方が優先度は高いよ

水平線はトレンドラインと違い、誰が引いても同じラインになり、多くの人に意識されて何度も繰り返し機能するところに優位性があります

3-1 水平線の見方・わかること

こちらは、2019年8月から2020年2月頃の米ドル/円のチャートです。

俯瞰して見ると、何度も止められている価格帯がいくつかあるのが分かりますね。

吹き出し画像
みつしろ
水平線は、サポート・レジスタンスの役割を変えながらずっと機能し続ける性質があるんだ
吹き出し画像
おむろん
本当ですね!

こちらの記事もご参考に↓↓
サポートとレジスタンスの逆転|FXローソク足分析の基本

吹き出し画像
みつしろ
ここで重要なのは、水平線はピッタリ特定の価格ではなく幅があり、ゾーンで把握する必要がある、ということです

例えば、水平ラインの少し手前や、行きすぎてから反転したり、ライン状で停滞したり、といったことがよく起こります。

「ラインブレイクしたぞ!」と勇み足で飛び乗ったらすぐに反転してダマシだった、なんてことになりかねません。

ピンポイントで狙いすぎず、幅(ゾーン)でとらえて柔軟に解釈しましょう。

3-2 水平線を引くコツ

水平線は、主にこんなところに引きます。

  • チャートで見えている範囲の最高値・最安値
  • ダブルトップ・ダブルボトムのネックライン
  • 何度もチャートの山や谷にヒットするライン
  • .00や.50で終わる節目の価格(ラウンドナンバー)
吹き出し画像
おむろん
水平線の引きどころはこんなにあるんですね
吹き出し画像
みつしろ
基本的には、「ずっとそこで売買が繰り広げられている部分」に注目するのがポイントだよ

何回も止められたり揉んだりしている価格帯は、まるで分厚い雲のように「情報の密度」が濃くなっています。

密度が濃いところには引力が発生し、レートはその価格に引き寄せられて行くものの、同時に壁にもなっています。

その雲を突破するには大きなエネルギーが必要になるので、勢いが弱いと跳ね返されてしまうのです。
逆に雲を抜けたということは勢いが強いことが分かりますね。

実際のチャートを見てみましょう。

こちらは2019年5月から8月の米ドル/円日足チャートです。

赤い影がついた2つの水平線ゾーンで何度も跳ね返されていますね。

一応、逆ヘッドアンドショルダーを形成してトレンド転換が起こるかと思いきや、雲を抜けられず上ヒゲをつけて下落しました。

吹き出し画像
おむろん
どうしてこういったゾーンができるんですか?
吹き出し画像
みつしろ
一つの仮説だけど、最初に雲を下抜けする人に買ってた人もいるじゃないですか。損切りできなくてそのままポジションを持っていたら、なるべく買値に近いところで脱出したくなるよね。戻ってきたときに決済売りで勢いが止まると。
吹き出し画像
おむろん
なるほど!
吹き出し画像
みつしろ
もう一つは、ブレイクするときに売りたかったけど、エントリー仕損なった人たちが、価格が戻ったときにエントリーし直すことも考えられます
吹き出し画像
おむろん
チャートの裏側ではそんな心理が働いていたんですね!

動画での解説はこちら↓↓

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
水平線は長期間にわたって繰り返し機能するため、注目している人も多くトレンドラインよりも優先度が高い。幅を持たせて「ゾーン」で把握しよう。

4. ゾーンで把握するライントレード実践編

続いてはライントレード応用編です。実際のトレードで、水平線とトレンドラインの使い方を解説していきます。

吹き出し画像
おむろん
水平線とトレンドラインはどういう風に使い分けたら良いですか?
吹き出し画像
みつしろ
基本的には水平線から見てサポート・レジスタンスのラインが遠いときはトレンドラインが機能していないかを見ていきます

水平線とトレンドラインのサポート・レジスタンス、どちらが機能しているかはその時によって違います。

いくつか事例を紹介しましょう。

4-1. 水平線のサポートラインが遠いとき

こちらは2019年6月から11月の米ドル/円チャートです。

逆ヘッドアンドショルダーを形成していて、ちょうど肩のところにサポレジのラインを引くことができます。

次にサポートのラインにタッチしたらロングのエントリーチャンスですが、ちょっと遠いのでそこまで落ちてこない可能性もあります。

吹き出し画像
おむろん
ロングのエントリーはタイミングが難しいんですよね
吹き出し画像
みつしろ
となったら、トレンドラインでサポート・レジスタンスが機能していないかを見ていきます!

安値3点を結んで見ると、綺麗にトレンドラインが引けました。

この場合はトレンドラインがサポートとして機能していると見て良いでしょう。

4-2.エントリーのタイミングを計る

こちらは2019年豪ドル/円の日足です。

一見よくわからないチャートですが、2018年から続くダウントレンドのトレンドラインにちょうど接近しているところです。

また、直近のサポート・レジスタンスの水平線にも接近しています。

トレンドラインと水平線がクロスしているところなので、反発して下落する展開が1つ予想されます。

では、トレンドラインを上抜けしたらロングに行って良いかというと、その上にもう一本の水平線が待ち構えているので、もう1回そこで反発する可能性もあります。

この「ゾーンで把握する」ということができないと、ピンポイントで狙いすぎてエントリーを失敗します。

ここでショートを狙うのなら、直近の高値のラインをロスカットポイントにしてそこまでは耐えるべきです。

動画での解説はこちら↓↓

4-3 損切りからの目線の切り替え

吹き出し画像
おむろん
ラインで反発するかブレイクするかを見分けるコツはありますか?
吹き出し画像
みつしろ
ローソク足やチャートパターンも判断材料にはなるけれど、別に損切りになっても良いんですよ。すぐに目線を切り替えるだけなので

例えば、こちらの豪ドル/米ドルチャートをご覧ください。

2018年から続くダウントレンドの大底の局面で、リバースヘッドアンドショルダー(逆三尊)のパターンが出現しています。

しかも、日足レベルで見た時に、長いヒゲをつけて何度も反発している強力なサポートのある価格帯です。

吹き出し画像
おむろん
ということは、トレンド転換のサイン!!
吹き出し画像
みつしろ
そう。ここは絶対に買いなんですよ。損切りはサポートラインを割ったところに置けば良いので、15pipsくらいのリスクで、全戻しまである大きなリワードが取れますから、勝負しない理由がないんです

実際には、レートは下がってサポートラインを下抜けしました。

吹き出し画像
おむろん
残念…
吹き出し画像
みつしろ
ロスカットになっても良いんですよ。これは上だ、と確信を持ってロングしたのが覆ったということは、それだけ売りの勢いが強いということなので、ショート目線に切り替えます

こういう、明らかに皆が意識している価格では、大きく上がるか下がるかのどっちかしかありません。

しかも、サポレジという壁を背にしているおかげで、かなり近くに損切りが置けるので、上でも下でも美味しいチャンスなのです。

ここは絶好のショートタイミングなので、サポートを抜いた後の第二派を狙い、0.6717でショートしました。

日足のサポートで一度戻し、まだ下がりそうだったけど金曜日で週をまたぐことになるので0.6661あたりで利食い。

吹き出し画像
おむろん
1回ロスカットになっても、目線を切り替えたらそこからまたチャンスがあるんですね!
吹き出し画像
みつしろ
予想が外れた時にいちいちガッカリたり悔しがったりすると、感情に飲み込まれてチャートが見えなくなってしまうけれど、そもそも相場は自分の思い通りにはならないものだよね。損切りになっても、買っても、感情に飲み込まれないことが大事だよ

実は手法よりも重要なメンタルコントロールについては、ボクの電子書籍『FX 2.0』で詳しく解説しています。

メールマガジンにご登録いただいたかたに無料でプレゼントしていますので、ぜひ合わせてご参考にしてください。

サポレジトレードの解説動画はこちら↓↓

5. まとめ

では、今回のまとめです。

  • ライントレードとは、トレンドラインや水平線など「ライン」を活用したトレード全般のこと。
  • ラインはトレンドの方向性や継続性を大まかに見るのに使えるが、細かいエントリーポイントを見つけるのには向かない。
  • 優先順位としては、先にサポート・レジスタンスとして機能している水平線を探し、見当たらない時にトレンドラインのサポート・レジスタンスを探してみる。
  • トレンドラインと水平線が重なる地点は反発する可能性が高い
  • ラインブレイクするか反発か、予想が外れたときは損切りから目線の切り替えで対応する
吹き出し画像
おむろん
ライントレードを活用したいと思います!
吹き出し画像
みつしろ
シンプルで初心者のかたも使いやすいと思いますので、ぜひ試してみてください!

FXで勝ち続ける次世代トレーディングの極意を知りたくありませんか?【豪華プレゼント付き】

メルマガでは、今回ご紹介したライントレードの手法やコツについて、ブログでは書けないような更に深い内容を、様々な事例を取り上げながらご紹介しています!

今なら、FXで勝ち続けるためのメンタルと手法を学べる、電子書籍と講義もプレゼントしています!

ボクはFXトレードを通じて、人生に本当に大切な実力を磨き上げ、世の中を良くしていく仲間を増やしていきたいと思っています。

仲間づくりのために、メルマガでは質問なども受け付けていますので、ボクに直接ホットラインで質問できるようになります!
メルマガやここの記事で取り上げて、解説できることもあるかもしれませんので、ぜひ質問や感想も送ってくださいね!

↓↓↓こちらのバナーをクリックしてご登録ください!↓↓↓

電子書籍プレゼント P.S.
FXについてどこからはじめて良いかわからない方はこちらの記事から読んでみてください!


P.P.S.
FXで自由な時間とお金が欲しい? まずはこの記事で「FXトレーダーの真実」を知ってください…。


人気ブログランキング参加しています!
良ければ下リンクをポチッとお願いします!


為替・FXランキング

みつしろ

1984年生まれ。埼玉県出身。大学卒業後、ゴールデンバーグヘイマイヤーユニコムジャパン(証券会社)や、SAアセット株式会社(ヘッジファンド)を渡り歩きながら、トレーダーとして、毎月400万以上の安定的な利益を出し続ける。2012年にトレードの情報発信を開始し、起業し、年収1億円を達成。その後、最高の仲間たちと出会い、一緒に飲食店のプロデュース、映画作り、コミュニティ運営、トレード指導、妻と娘との自由な時間など、忙しくも充実した毎日を送っている。数々のトレーダーを生み出したことをきっかけに、YouTubeでも発信をはじめ、たった数ヶ月で約4万人のチャンネル登録をされ、数百人の前でセミナーをすることも。ただ稼ぐだけでなく、FXトレーダーが真に充実して幸福な人生を送るために必要なことを、多くの人に伝える活動をして、プロトレーダー育成に力を入れている。

Pocket