FXローソク足分析の基本|三角保ち合い・Wトップ・三尊天井とは

ローソク足分析のやり方 分析方法

FXトレーダーのみつしろです。

この記事の最後には、ボクから「電子書籍と解説動画の無料プレゼント」をご用意しました。

この記事である程度の知識が頭に入ったら、とにかく実践することが重要です。

じゃあ、具体的にどんなことに取り組んでいけば良いのか?

その具体的な手法もこの「電子書籍と解説セミナー動画(期間限定で無料プレゼント中)」でお伝えしていますので、
ぜひ手に入れておいてくださいね。

さらに言えば、今回の記事に合わせて、
プレゼントしている電子書籍と解説動画を学べば、
より相乗効果が発揮されるようカリキュラムも組んであります。

(もちろん、どちらか一方を学ぶだけでも十分効果があることは保証します。)

なので、ぜひこの機会に一気にトレードの力を上げてもらえたらと!

すぐに欲しい! という方はこちらからどうぞ

さて、それでは本題です!

Pocket

どうも! FXトレーダーのみつしろです。

今回は、ローソク足分析の基本チャートパターン3つを解説していきます!

吹き出し画像
たかはし
みつしろさん、みつしろさんのYouTubeチャンネルを見てたら「三角保ち合い」とか「ダブルトップ」「ダブルボトム」「ヘッド・アンド・ショルダーズ」っていう用語が出てきてたんですけど、そもそも何なのか分からないので教えてください!
吹き出し画像
みつしろ
チャートを「形」で分析する「フォーメーション分析」の例ですね。
吹き出し画像
たかはし
フォーメーション!
吹き出し画像
みつしろ
特に有名な3つのパターンはFXの定跡というか常識みたいなものなので、覚えて活用しよう!

というわけで、ローソク足分析で頻出のフォーメーション、

  • 三角保ち合い(ペナント、フラッグ)
  • Wトップ/Wボトム
  • ヘッド&ショルダーズ(三尊天井)

の3パターンの見つけ方と攻略方法をお教えします!

読むと、チャートの形からチャンスを狙って、ブレイクの波をいち早くとらえられるようになりますよ。

ローソク足分析のおすすめ記事

1 ローソク足分析の基本!支持線と抵抗線

吹き出し画像
たかはし
チャートの形に特定のパターンができるって、なんだか不思議ですね
吹き出し画像
みつしろ
それは、トレードしている人たちが意識している「ライン」があるからなんだ

チャートのパターンを覚える前に、「支持線」と「抵抗線」という2つのラインを押さえておきましょう。

1-1 支持線(サポート)と抵抗線(レジスタンス)とは?

サポートラインとは日本語では「下値支持線」または単に「支持線」と言います。

相場が下落するときに抑えとなり、それ以上は下落しないと思われる水準のこと。

サポートライン・支持線・下値支持線の例

サポートラインはみんなが意識する相場のポイントになっていて、サポートラインまで下落して何度も止められているため、サポートライン付近まで価格が下落すると売りから入った人たちが利益確定して買いに回るので、それ以上価格が下がらなくなります。

吹き出し画像
たかはし
みんなが「ここよりは下がらないだろう」って思って買うから本当に下がらないことになるんですね!
吹き出し画像
みつしろ
そうそう。チャートはパッと見は無機質だけど、市場参加者の心理が形になったものなんだ

サポートラインでは、2回、3回と同じ価格帯で跳ね返されて、しばしば後述の「ダブルボトム」や「トリプルボトム」のような値動きを見せます。

サポートラインとダブルボトム・トリプルボトム

ところが、ひとたびサポートラインを割り込むと大きく下落する可能性が高くなります。

サポートライン付近で買った人の損切りで売りが殺到してそれまでの安値が更新され、新規で売りから入る人も増えるためです。

しかし、一旦サポートラインを割った後でまた上昇する「だまし」もあるので注意が必要です。

また、より長い時間足のサポートラインが強い傾向がありますので、時間足・分足を主に使う場合も、日足でサポートラインの価格は確認しておきましょう。

レジスタンスラインは日本語で「上値抵抗線」または「抵抗線」と言います。

相場が上昇するときの抵抗となり、それ以上には上昇しないと思われる水準のこと。

レジスタンス・抵抗線・上値抵抗線

高値で何度も上昇が止められている点を繋いでできる水平線がレジスタンスラインになります。

レジスタンスラインもサポートラインと同じく、市場に参加している人たちがみんな注目しているポイントで、今まで買いポジションを持っていたトレーダーが利益確定をする目安となっています。

何回も同じ価格帯で上昇が止まり、しばしばダブルトップやトリプルトップの形を作ります。

抵抗線とWトップ・トリプルトップ
吹き出し画像
たかはし
サポートラインと上下が逆ですね!

レジスタンスラインを突破して上昇すると、レジスタンスライン付近で売りから入った人の損切りと、新規の買いが殺到して価格が急上昇しがちです。

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
サポートラインは、何回も下落が止められていて「これ以上価格が下がらなさそうな」価格の節目。レジスタンスラインは、何回も上昇が止められていて「これ以上価格が上がらなさそうな」価格の節目のこと。ブレークすると大きく下落、または上昇しやすい!

1-2 サポートとレジスタンスの逆転

サポートを価格が下抜けたときは、サポートがレジスタンスに変わり、レジスタンスを価格が上抜けたときはレジスタンスがサポートへと、ラインが逆転する現象がよく起こります。

サポートがレジスタンスに変わる図
吹き出し画像
たかはし
どうしてこうなるんですか?
吹き出し画像
みつしろ
価格が大きく変動したときに逃げ遅れた人が損切りを断行するからだよ
みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
サポート・レジスタンスのラインを意識するのはローソク足チャート分析の基本!

1-3 支持線と抵抗線の引き方

吹き出し画像
たかはし
支持線と抵抗線がどんなものかは分かったんですけど、実際のチャートはうねうねしてて、どこに引いたらいいか分かりません! ラインの引き方にコツはありますか?

簡単なのは水平線を引く方法です。

直近の高値や安値から水平線を引いてみましょう。

サポート・レジスタンスラインの引き方

そのラインで何度か反発するようなら、サポートまたはレジスタンスとして機能している可能性が高いです。

または、目立った高値同士、安値同士を結ぶと斜めに綺麗なラインが引けることもあります。

トレンドラインの引き方 トレンドラインの引き方
吹き出し画像
みつしろ
まずは繰り返しラインを引いてみて、機能するかどうかチェックして練習しよう
吹き出し画像
たかはし
はーい、練習します!
みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
サポートとレジスタンスは「直近の高値・安値」を基準に水平線を引く、または目立った高値同士、安値同士を結ぶ。そのラインに何度か反発するようなら機能している可能性大!

2 ローソク足分析の頻出パターン3つ

サポートとレジスタンスの引き方が分かったところで、ここからが本題です!

ローソク足分析の頻出チャートパターン3つを順番に解説します。

  1. 三角保ち合い
  2. Wトップ・Wボトム
  3. ヘッド&ショルダーズ

2-1 三角保ち合い(持合)

三角保ち合いは別名、「トライアングルフォーメーション」、「ペナント」「フラッグ」とも呼ばれ、上昇・下落の途中でよく出現するパターンです。

高値と安値を結んだトレンドラインが時間とともに徐々に知事まって三角形を作り、その後、上下どちらかに大きく動く傾向があります。

三角保ち合いから下落

上図のチャートは三角形の保ち合いを形成した後に大きく下落したケースです。

吹き出し画像
みつしろ
このような保ち合い相場では、上下どちらかにブレイクした時に順張りで付いていくのがセオリーです
吹き出し画像
たかはし
斜めのサポート、またはレジスタンスを抜けたところがエントリーのチャンスなんですね!

三角保ち合いの後は上昇と下落どちらも可能性がありますが、出来た三角形の頂点の向きによって傾向はあります。

三角保ち合いの向き

図のように、出来た三角形の左上が直角に近く、レジスタンスが水平で安値が切り上がっていく三角保ち合いは上昇に向かう可能性が高いです。

左下が直角に近く、高値が切り下がり、サポートが水平な三角保ち合いは下落しやすい傾向があります。

吹き出し画像
たかはし
なるほど、サポートやレジスタンスを抜けると大きな値動きになるのと同じ理屈ですね

注意点としては、価格が三角形のラインを抜けても迷いが生じて方向が定まらないことも多々あります。

三角保ち合いもレンジ内の動きですから、レンジを抜けてからが大きな動きになる、という見方も出来ますね。

三角保ち合いもレンジ相場
吹き出し画像
みつしろ
形だけに頼らず、直近の高値・安値が更新されたかどうかに注目しよう!
みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
三角保ち合いはブレイクすると大きな値動きが発生する可能性大! ただし、レンジ内での動きには迷いが生じることも多いので注意

2-2 Wトップ・Wボトム

ダブルトップ・ダブルボトム

上昇相場で2つの山を作った後に大きく下落するパターンをWトップ、下降相場で2つのたにを作った後に大きく上昇するパターンをWボトムと呼びます。

実際のチャートに現れた例を見てみましょう。

ダブルボトムの例

図の点線はネックラインといって、1回目の反発①の後はレジスタンスとして機能し②、Wボトムを完成してレジスタンスを超えた後はサポートに変わります。

吹き出し画像
みつしろ
WトップまたはWボトムが出現したら、一旦抜けた後のネックライン付近で押し目買い・戻り売りをするのがセオリーです

実際には、Wトップの2つの頂点が全く同じ価格になることはほとんどなく微妙にずれていて、Wトップが出現しても思った通りに動かないことも多くあります。

惑わされないためには、三角保ち合いと同じで、Wトップも部分的なレンジと考え、「どこでレンジブレイクが起こっているのか」に注目すると良いでしょう。

吹き出し画像
たかはし
直近の高値・安値のラインがトレンドの転換点になるんですね!
みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
Wトップ・Wボトムは、ネックラインを抜けた後の押し目買い・戻り売りを狙おう。W部分をレンジと考えて、どこでレンジを抜けたかに注目すると騙されにくい。

2-3 三尊天井(ヘッド&ショルダー)

ヘッドアンドショルダーズ

3つ目のパターンは、これまたよく登場する「ヘッド・アンド・ショルダー」、別名「三尊天井」です。底値圏で現れたときは「逆ヘッド&ショルダー」「逆三尊」とも呼ばれます。

真ん中が大きく飛び出た3つの山が人の頭と肩に見えることから、ヘッド&ショルダーズと呼ばれます。

三尊とは、大きな阿弥陀如来像の左右に小さな脇仏が並んだ3人セットの仏像のこと。

吹き出し画像
たかはし
見えるような、見えないような

ヘッド&ショルダーが高値圏で現れると強い下落のサインになります。

Wトップと同じく、価格がネックライインを割ると、ネックラインはレジスタンスとして機能します。

ヘッドアンドショルダー
吹き出し画像
みつしろ
最初にネックラインを割った地点や、いったん戻ってからのライン付近の戻り売りが有力です。
みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
ヘッド&ショルダー(三尊)が高値圏、逆ヘッド&ショルダー(逆三尊)が底値圏に現れたときはトレンド転換のサイン。ネックラインを超えたところがエントリーのチャンス!

3 実際のトレードで分析するときのポイント

吹き出し画像
たかはし
なーんだ、チャートに形が出現したらエントリーすればいいので、簡単ですね!
吹き出し画像
みつしろ
ちょっと待った!実際の相場ではいつも教科書通りに動くとは限らないから、注意だよ!

例えば、同じッド&ショルダーでも、細かい形の違いでその後の流れが変わってきます。

崩れたヘッドアンドショルダー

図のように安値が切り下がっている場合は、さらに上昇する可能性が高いです。

ヘッドアンドショルダーのパターン

または、肩の部分を左右で比べたときに右肩下がりになって高値が切り下がっていると下降トレンド転換する可能性が高くなります。

この他、そのままレンジに移行するケースや、ヘッド&ショルダーの後一旦下げてからまた上昇してヘッドの高音を超えていくパターンもありますし、状況によってはフォーメーションが全く役に立たないことさえあります。

吹き出し画像
たかはし
うわーん、それじゃあ、どうしたらいいんですか?!
吹き出し画像
みつしろ
ざっくりした形だけを見て決めつけずに、細かい値動きをきちんと見ていきましょう

実際のトレードでチャート分析を行うときは、以下のポイントを意識してください。

3-1 相場参加者の心理に注目する

複雑そうに見えるチャートの動きですが、買いが多ければ値段が上がる、売りが多ければ値段が下がる、というシンプルな原則で動いています。

例えば、「買い」には新規の買いだけでなく、売りポジションを決済しての買いも含まれます。

上記で紹介したような「サポート」「レジスタンス」も、みんなが直近の高値・安値を参照して「前回はここまで下がったから、この付近で利益確定しよう」などと一斉に決済するためにできる心理的なラインにすぎません。

なので、形は目安にしてもいいのですが、とらわれすぎずに、

  • 相場参加者がどこに利益確定・損切りのポイントを置いているのか
  • 現在は売り・買いどちらが優勢なのか

など、チャートから読み取れる心理状態に注目しましょう。

また、自分自身は感情的にならないでいることも非常に重要です。

吹き出し画像
みつしろ
チャート分析に寄れば、絶対にこうなるはずだったのにどうして逆に行くんだ!なんて、いちいち怒ったり、ガッカリしたりでは、ますます判断を間違えますよ
吹き出し画像
たかはし
予想通りに行くとは期待しすぎない方がいいですね。気をつけようっと!
みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
市場参加者の心理がチャートパターンを作る。形にまどわされず、みんながどういう心理でトレードをしているのかに注目しよう!

3-2 予想と確定の中間でエントリーする

また、フォーメーションを発見したからと言ってあまりにも未来が不確定な早い段階でエントリーすると、トレンドにならなかったり、逆に行ってしまったりして失敗してしまいます。

かと言って、明らかにトレンドが発生し、未来が確定してからエントリーしようとタイミングを図っていると、乗り遅れることになります。

吹き出し画像
たかはし
間違いなく勝てるチャートパターンはないってことですね
吹き出し画像
みつしろ
100発100中で当て流のは不可能ですが、勝率60%〜70%の手法でも、勝つときに大きく勝っていればトータルでプラスにできますよ

大きく勝つためのポイントは、「まだ完全に確定ではないけれど、可能性が50%よりも高い状態」つまり、優位性のある状態でエントリーすることです。

ローソク足のチャートパターンだけでなく、移動平均線やボリンジャーバンドなどのインジケーターも使うと、より根拠のあるトレードが可能になります。

ローソク足と移動平均線でエントリーポイントがわかるチャート分析方法は「FXチャート分析の超基本。ローソク足と移動平均線だけで勝てる!」で詳しく解説していますので、後でチェックしてみてください!

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
チャートパターンからの予想に100%はない。かと言って、トレンドが確定してからだと、乗り遅れて大きな利益を取れない。まだどっちに行くか確定していないけれど、50%を超える確率で勝てそうな(優位性のある)タイミングでエントリーしよう

3-3 想定外の時の対応を決めておく

トレードの基本は「損小利大」、損切りは早く、利確は遅く、が鉄則です。

ところが、人の心は「失うこと」に痛みを感じるようにできているため、

  • 損切りは先送りしたい(失うことを確定させたくない)
  • 早く利益確定したい(含み益を失いたくない)

という心理が働き、勝つためのセオリーとは真逆の行動を取ってしまうのです。

吹き出し画像
たかはし
ぎくっ!おっしゃる通りです!
吹き出し画像
みつしろ
誰だってそうですよ〜

なので、初心者は特に、エントリーするときには必ず「出口」を決めておくことが非常に重要なのです。

どこで利益確定&損切りをするか決めておき、エントリーと同時に指値・逆指値の注文を出しておきましょう。

この注文方法を「OCO注文」と呼びます。

吹き出し画像
たかはし
仕事中とかずっとチャートを見ていられないときにも便利そうな注文方法ですね!

後はどっちに転んでも「待つだけ」にすることによって、自分自身の魔の手から利益を守ることができます。

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
どんなに完璧に分析しても、想定外の事態は起こる。予想と外れたときの対応を予め決めて、エントリーの段階で必ず損切りの逆指値注文はしておこう。

3-4 トレンド転換を狙うおすすめの手法

吹き出し画像
たかはし
せっかくチャートパターンを覚えたので、この形で使えるおすすめの手法があったら教えてください!
吹き出し画像
みつしろ
それなら、トレンド転換の直後を狙いにいく「逆張りからのトレンドフォロー」がおすすめです

上でも解説したように、トレンドフォローは流れが確定してから追いかけようとすると出遅れて利幅が取りにくくなり、なかなか教科書通りには行かず難しいもの。

その弱点を解消するのが、トレンド転換の可能性の高いところで逆張りっぽく入って、転換後のトレンドにいち早く乗る「逆張りからのトレンドフォロー」なのです。

この手法はボクが専業トレーダーをやってたときに先輩から伝授してもらったやり方で、その前はレンジの逆張りばっかりやってたんですが、一気に勝てるようになりました。

吹き出し画像
みつしろ
メールマガジンの読者さんにもやってもらったら、使いやすいと初心者の方にも好評でした!
吹き出し画像
たかはし
おおー、それなら私にもできそう!

詳しい解説動画は、無料のメールマガジンで配信していますので、興味のある人はぜひ登録して読んでみてください。

吹き出し画像
たかはし
でも、そんないい手法があるなら、なんで無料で教えてくれるんですか? 秘密にしてた方がみんなが負けてくれた方がみつしろさん儲かるじゃないですか!?
吹き出し画像
みつしろ
1人でお金だけあるより、FXで稼げる人が増えて、みんなで面白いことやった方が楽しいと思いません?

ボクは今、個人でトレードをやっていますが、トレードで稼いだお金は他のビジネスをやったり、仲間と色んな企画をやったりするのに使っています。

最近だとマイクロバスを買ってみんなで京都のお寺に遠足に行ったり、ちょっと集まれるようなコワーキングスペースを作ったりしました。

トレーダーって、中には引きこもってひたすらお金だけ増やしていく人もいるんですけど、そうはなりたくないと思うんです。

自分も周りも楽しいことや便利になることにお金を使っていきたいし、そういう仲間が増えたらいいなと思うので、ボクのトレードの知識やスキルは惜しみなくお伝えしていきます!

吹き出し画像
たかはし
なんか面白そうですね!私もじゃんじゃん稼いで面白いことやりたいです!
吹き出し画像
みつしろ
頑張れ〜!

4 ローソク足分析|まとめ

では、今回のまとめです。

今回ご紹介したローソク足分析のポイントは…

  • サポート・レジスタンスはみんなが注目している節目の価格
  • 三角保ち合い・WトップWボトム・ヘッド&ショルダーはトレンド発生のサイン
  • ただし、形通りに動かないこともあるので、直近の高値・安値には注目!
  • そして想定外に備えて逆指値注文は出しておくこと
  • 3つのチャートパターンを覚えておくと「逆張りからのトレンドフォロー」がはかどる!

ローソク足の分析で、トレンドの波に乗ろう!

ローソク足分析の基礎知識も復習しよう↓↓

ローソク足の種類一覧まとめ

ローソク足の基本9種類+派生形全まとめ|FXトレーダーが解説!

2019年10月16日
ローソク足のシグナルまとめ

FXローソク足のシグナル|単体&主要な組み合わせ図解まとめ

2019年10月16日

FXで勝ち続ける次世代トレーディングの極意を知りたくありませんか?【豪華プレゼント付き】

メルマガでは、今回ご紹介したローソク足の分析やコツについて、ブログでは書けないような更に深い内容を、様々な事例を取り上げながらご紹介しています!

今なら、FXで勝ち続けるためのメンタルと手法を学べる、電子書籍と講義もプレゼントしています!

ボクはFXトレードを通じて、人生に本当に大切な実力を磨き上げ、世の中を良くしていく仲間を増やしていきたいと思っています。

仲間づくりのために、メルマガでは質問なども受け付けていますので、ボクに直接ホットラインで質問できるようになります!
メルマガやここの記事で取り上げて、解説できることもあるかもしれませんので、ぜひ質問や感想も送ってくださいね!

↓↓↓こちらのバナーをクリックしてご登録ください!↓↓↓

電子書籍プレゼント 人気ブログランキング参加しています!
良ければ下リンクをポチッとお願いします!


為替・FXランキング

1984年生まれ。埼玉県出身。大学卒業後、証券会社、ヘッジファンドを渡り歩きながら、トレーダーとして、毎月400万以上の安定的な利益を出し続ける。2012年にトレードの情報発信を開始し、起業し、年収1億円を達成。その後、最高の仲間たちと出会い、一緒に飲食店のプロデュース、映画作り、コミュニティ運営、トレード指導、妻と娘との自由な時間など、忙しくも充実した毎日を送っている。数々のトレーダーを生み出したことをきっかけに、YouTubeでも発信をはじめ、たった数ヶ月で約4万人のチャンネル登録をされ、数百人の前でセミナーをすることも。ただ稼ぐだけでなく、FXトレーダーが真に充実して幸福な人生を送るために必要なことを、多くの人に伝える活動をして、プロトレーダー育成に力を入れている。

Pocket