FX初心者にトレード歴10年のみつしろが贈る6のアドバイス

初心者 FXのマインドセット
Pocket

どうも!FXトレーダーのみつしろです。

今回は「FX初心者に贈るアドバイス」というテーマでお話していきたいと思います。

吹き出し画像
あゆみん
みつしろさん!FX初心者が取引を始めるあたって、アドバイスをいただけませんか!

今回は、あゆみんからFX初心者に贈るアドバイスを求められたので、この記事では、

  • 基本を徹底的に反復して、突き詰めるべし!
  • 目先の損得で判断しないようにするべし!
  • 恋愛でドキドキするな!
  • 甘えと慣れに対して危機感をもつべし!
  • 常に不安定な道を選択しろ!
  • 転ぶこと前提でトレードをしろ!

の6のアドバイスを、トレード歴10年で9年間負け無しのFXトレーダーのみつしろがしていきます。

では、早速始めていきましょう!

1.FX初心者に贈るアドバイスとは

吹き出し画像
あゆみん
FX初心者に対するアドバイスって何がありますか?
吹き出し画像
みつしろ
6つあります!順番に解説していきますね。

1-1.アドバイスその1:基本を徹底的に反復して、突き詰めるべし!

FX初心者の人に贈るアドバイスの1つ目は「基本を徹底的に反復して、突き詰めるべし!」です。

FXは為替の動きを利用して稼ぐものなのですが、正直、FXは「基本」さえ徹底的に反復し、極めていけば、勝てるようになります。

これは、どんな業界にも言えることで、例えば、キックボクシングの世界に武田幸三という選手がいます。

この選手は、ムエタイでウェルター級王座を獲得したり、K-1で魔裟斗ともタイトルをかけて戦ったことがある実力の持ち主です。(wikipediaといった情報サイトに載るほど。)

キックボクシングには、ローキック、ミドルキック、ハイキック、ジャブ、ひじ打ちなど様々な攻撃があります。

その中でも、基本中の基本に当たるのが、ローキックです。

武田選手は、このローキックを徹底的に極めた選手です。

僕は、知り合いの紹介がきっかけで、実際に一緒に練習したことがあるのですが、武田選手はひたすらサンドバックに右のローキックをしていました。

対戦相手によると、そのローキックの威力は、鉄バットで殴られるくらいの威力みたいです。実際に対戦相手のすねまで折ってますからね。笑

大抵、蹴られた選手は、試合後、足が2・3倍に腫れ上がって、内出血で真っ赤になって、歩けないほどになっています。

圧倒的な強さを誇る武田選手は、右のローキック以外の技も全てできていたのですが、その中でも基本の技である、右のローキックを徹底的に練習していました。

吹き出し画像
あゆみん
そうだったんですか!?てっきり全ての技を満遍なく練習しているものだと…

武田選手のように、スポーツ界でとてつもなく強く、突き抜けてるといわれてる人は、オールラウンダーでありながら、その中の1つがずば抜けて高いという特徴をもっているんですね。

トレードにおいても全く同じことが言えます。

僕の知り合いで、トレーダーのウメちゃんという人がいます。

ウメちゃんは、トレーダーとして間違いなく、国内トップ1%に入るほどの実績・実力の持ち主なんですが、彼女がやってるトレードの手法は、ものすごくシンプルなんです。

ウメちゃんは、初心者向けのFXの本に書いてあるような手法をそのままやってます。笑

国内トップ1%の実力を誇り、数多くの手法を知っている中で、1つの手法、それも超がつくほどの基本の手法を、徹底的に突き詰めてトレードをしているわけです。

これも初心者の段階で、基本を徹底的に反復し、突き詰めたからに他なりません。

この基本の勉強のレベルを、初心者の段階でどれだけ最大限高められたかで、今後習得できるスキルが決まってくると言っても過言ではありません。

国内トップ1%の実力の持ち主であるウメちゃんが、それを証明してくれています。

トレードでの基本は、

  • 損切り
  • 利食い
  • エントリー

この3つだけです。

まずは、基本的な1つのチャートパターンに絞って、「損切り」「利食い」「エントリー」を徹底的に実践するんです。

色んなチャートパターンを知った上で、実践は一つに絞り込むのがポイントです。

すると、トレードとしてのレベルが、自然と中級者以上まで上がります。

そのレベルまでいくと、コツがつかめているので、あとから別の手法やパターンを勉強したときに、ストレスなく自然と知識を吸収できる状態になるんです。

学べば、学ぶほど、最初の段階とは、比較にならないほど上達していくというスパイラルに入ります。

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
初心者はFXの基本である「損切り」「利食い」「エントリー」の3つを徹底的に反復すること!

1-2.アドバイスその2:目先の損得で判断しないようにするべし!

FX初心者の人に贈るアドバイスの2つ目は「目先の損得で判断しないようにするべし!」です。

FXで負ける人は大抵、目先の損得だけで判断しています。

そういう人はどういう思考回路になるかというと

  • 損失を出したくないから、損切りはしない
  • もうちょっと待ったら、さっきの負け分を取り返せるから、まだ利食いしない

という風になっていきます。

そうすると、損切りを行うべきところで損切りができず、大きな損失が発生したり、利食いできたのに、反転して利益が消えたりという風になっていきます。

目先の損得を重視したら、最終的には、勝てないんです。

そういう行動をとれば、最終的にどうなるのかという未来が想像できないくらい、視野が非常に狭くなってるんです。

だから、目先の損得を考えている時は、一旦、トレードは辞めたほうがいいですね。

「青信号になるまで待っている時間がもったいない!」と目先の時間だけを優先して、赤信号を無視して渡って事故に遭う人くらい愚かな行為をしていると思った方がいいです。笑

信号が青になるまで待てば、一見、時間的な意味では損をするかもしれませんが、信号を守っていれば、事故に遭いませんし、待っている時間を使って、スマホなどのツールで調べ物をして知識を得ることすらできます。

それに、

  • 損切りは絶対嫌だ!何が何でも絶対に利益を得たい!

なんて思わない方がいいですね。業者の思う壺です。

ずっと、勝ち続けることは、自然界の法則的にあり得ません。 

勝つこともあれば、負けることもあります。

だから、適度に損失を確定させて、負けを入れた方がいいんです。

負けるリスクをしっかり受け入れて、どんどん失敗してください。

その方が、長期的に勝ち続けるトレーダーになることができます。

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
目先の損得で判断せずに、積極的に損をとること!

1-3.アドバイスその3:恋愛でドキドキするな!

FX初心者の人に贈るアドバイスの3つ目は「恋愛でドキドキするな!」です。

恋愛で相手の異性に対して、過剰にドキドキしたり、ときめいちゃったりする人は、間違いなく、トレードは一旦、やめた方がいいです。

というのも、そういう人は、感情に支配されているからです。

人は、喜んだり、悲しんだり、感情を激しく発散すればするほど、発散前と比べて、エネルギーがなくなっていきます。

エネルギーがなくなっていくと、その結果、IQが下がり、普通ではあり得ないような判断や行動をとるようになります。

いますよね。恋愛に狂って、普通では理解し得ない行動を起こす人。

好きになった相手に奥さんがいるのに不倫しようとしたり、子どもがいるのに駆け落ちしたり、殺人を犯したり。

社内恋愛している人とかも、大抵仕事でミスするのは、

  • さっき送ったメールの返事まだかな…
  • 早く仕事終わってデートの時間にならないかな…

と恋愛に感情を持っていかれ過ぎて、IQが下がるからです。

感情に簡単に支配されるような人が、トレードをしたところで勝てるのかという話です。

トレードなんて恋愛の比ではないほど、恐怖と欲望が渦巻いている感情の世界ですよ。 

仲の良いときだけ「愛してる!」と喜び、仲の悪いときは「もう嫌い!」と機嫌が悪くなり仲違いする、という風にそのときの感情に振り回されて一喜一憂していたら、間違いなく、トレードでは勝てません。

利食いする度に、「わーいやったー。」と喜び、損切りするたびに「ああ…」と一喜一憂して、IQが下がり、負けます。

恋愛に限らず、日常生活をおくっていく上で、一喜一憂する場面は多々あるかと思いますが、そのときの感情の起伏を減らすということを、是非とも意識してみてください。

そうすると、利食い、損切りしたときの精神エネルギーの消耗率がどんどん減り、冷静にトレードができるようになります。

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
感情に支配されないように心がける!

1-4.アドバイスその4:甘えと慣れに対して危機感をもつべし!

FX初心者の人に贈るアドバイスの4つ目は「甘えと慣れに対して危機感をもつべし!」です。

甘えと慣れというのは、人を最も堕落させるものになります。

まず、甘えとは、何かというと、妥協するということです。

例えば、デイトレードをやっていて、「明日の売買のために、今日の値動の分析をやらないといけない」と分かっていても、会社で疲れたからやらないというのは完全に甘えです。

こういうことって良くあると思うんですが、こういう人が果たして、成長して勝てる可能性があるのかってことですよ。

難しい、というよりないですよね?

なぜかというと、「甘える」という状態は、本来の目的を見失っている状態だからです。 

「トレードでもっと実力をつけていきたい」という本来の目的を見失って、今の目先のことを優先しているんです。

それは成長しないですし、本来の力なんて引き出せません。甘えのない人と相当な差が出ます。

子育てでもそうですよね。

我が子が可愛いから、ひたすら甘やかしてると、子どもは大抵ろくな人間になりません。 

だから、まずは「甘え」を捨てることが重要です。

そして、次に「慣れ」についてです。

慣れも、甘え同様に人を堕落させてしまいます。

人は慣れると、適当になります。

トレードをやっていると、たまたま運に恵まれて、順調に勝ち続けることがあります。

そうすると「どこで何をやっても勝ち続けられる」と錯覚します。

  • 根拠はないけど、この通貨が値上がりすると思うから買いだ!
  • 俺はトレードのレベルが上がってきたから、レバレッジを25倍に上げても余裕で勝てる!

そんな適当な気持ちで、トレードに臨むので、いつの間にか勝てなくなり、スランプに陥ります。

慣れも、人を堕落させてしまうことが多いんですね。

まずは、とにかく甘えや慣れというものに関して敏感になってください。

日常生活を送っていく上で、「あっ、今の自分は甘えがでているな、慣れてきているな」と思ったら、何かしら嫌なことが起きるサインだと思ったほうがいいです。

とにかく、甘えや慣れを出さずに「自分がやるべきことを貫き通す」ということを意識してください。

そうすると、実際に守るべきルールも守るので、非常にトレードの成績も安定していきます。

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
甘えと慣れほど人間を堕落させるものはない!

1-5.アドバイスその5:常に不安定な道を選択しろ!

FX初心者の人に贈るアドバイスの5つ目は「常に不安定な道を選択しろ!」です。

人は安定を求めれば求めるほど不安定になりやすく、不安定を求めれば求めるほど安定しやすいという法則があります。

これはよく言われることなんですが、ついつい人は安定を求めてしまうんですね。

例えば、ある一つの手法でうまくいって収益が出たとします。

そうすると、

  • この手法でうまくいったんだから、これだけやってたら勝てる!
  • もうほかの手法をやる必要はない!この手法が魅力的で安定なんだ!

と思い込むようになります。

そうすると、安定に対して執着が生まれて、これまでできていたことができなくなるんです。

例えば、「この手法で、ずっとこれまで安心して勝ち続けてきたんだから、この程度で損切りする必要はない」というように考えてしまうわけです。

そういう誤った判断を行っていると、少しずつ負けていきます。

そうして、負けていけばいくほど、「お金を失いたくない!」という執着が生まれて、更に判断ミスをして、負けたりします。

これまで培ってきた安定を、壊したくないと思えば思うほどトレードで負けていくんです。

というふうに、安定を求めていけばいくほど、どんどん不安定になっていくんですよ。

なのでまずは、あえて見方を変えて、不安定に生きるということを日頃からやってほしいんですね。

不安定に生きるというのは、例えば、相場が順調に上がってきても「絶対に下がるもの」だという前提で見ておくことです。

  • いつかはその通貨の相場は下がる
  • 下がるけどまた上がる

と考えて、今このときの流れに合わせてトレードをしてみてください。

流れに乗り続けることができれば、それ以上のプラスの収益で終われるんです。

FXで負ける人は、流れに乗ることができません。

津波が来ているのに「今のままがいい」と考えて、動かない人と同じです。

そういう人は津波が実際に来てから、一番最悪のタイミングで損切りして、ダメージを大きくしてしまいます。

不安定を選択できる人は「津波が来るかもしれないから、とりあえずこの場から避難する」という、波のリズムに合わせた行動をとることができます。

決して安定とはいえない、不安定なものですが、その方が安全な生き方なんです。

短期的に見ればマイナスにみえても、長い目で見たら不安定を選択したほうがプラスに働きますので、不安定を選択し続けていきましょう。

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
あえて不安定さを選ぶことで、最終的にプラスになる!

1-6.アドバイスその6:転ぶこと前提でトレードをしろ!

FX初心者の人に贈るアドバイスの6つ目は「転ぶこと前提で、トレードをしろ!」です。

多くの人は、転ばないようにトレードをしようとする傾向があります。

  • エントリーした瞬間から、ずっと利益を出し続けたい
  • 損失は全く出さずに、利益を出続ける仕組みを構築したい

というように。

それは人間の性質上、仕方ないことではあります。

「人は得をするより、損をするほうが2倍の痛みを感じる」というプロスペクト理論があるくらいですからね。

それほど、人は損、転ぶことに対して敏感であり、できるだけしたくない生き物なんです。

でも、それがあまりに過剰だと、トレードでは勝つことができません。

例えば、そういう人がトレードをするとどうなるのかというと、損失が出たら、すぐにロスカットしようとします。

ちょっと損失が出たら、ロスカット。間を挟んで、またちょっと出たら、ロスカットというように。

少額の損失にも耐えれないんです。

でも、これをやっていくと、細かい損失が積み重なっていくだけで、最終的には莫大な損失になってしまいます。

僕の今までのトレード経験から言うと、最終的に利益になるトレードでも、一時的に損失を抱える確率は大体50%もあるんですよ。

だから、損失の幅はある程度、許容できる方が、勝てるチャンスも増えるということです。

なので、トレードでより勝率を上げたいのであれば、損失を許容できる幅を広く取る必要があります。

そのためには、まず、一回のトレードにかける資金量(投資金額)を減らして注文してみてください。

資金量(投資金額)を多くしすぎると、ちょっとの値動きで、耐えれないほどの額の損失を出すので、勝つ流れに反転するまで待てないんです。

    結局、トレードで上手くいく人は、相場が上がったり下がったりして、最終的に利益になって終わる、というトレードをしています。

    エントリーした瞬間から毎回含み益になっていく、なんて完璧なことなんて起こりえません。

    転ぶこと前提でいきましょう。

    そして、自分がミスなく、完璧なものを狙った時点で、破綻すると思ってください。

    損失というのは、ついてきて当たり前のものであり、損失がくるからこそ、利益もくるんです。

    過去の話になるのですが、勝率が98%の手法があって、それを実際にやっている人がいたんです。

    不自然なくらい勝率が高く、完璧に見えるような手法です。

    でも、こういう不自然なものというのは、ある時、一気に崩れ落ちます。

    その人は、その手法で数年ぐらいずっと勝っていたのに、東日本大震災が起きて、数年で培った資産をすべて吹っ飛ばして、大損失を抱え、破産という最悪の末路をたどりました。

    不自然に勝っていたつけを一気に払わされたんです。

    それだったら、少しずつ、ある程度の損失を出していく方が、長期的にみたら良かったりします。

    だから、勝率の高い手法を選んで、転ばないようにするのではなく、ある程度転ぶような手法を選んで下さい。

    最初に転んだとしても、最終的にプラスになれば、あとはそこから改良していけばいいんです。

    「より含み益を増やすためにはどうしたらいいのだろう?」と考え実践し、転びつつも、改良を加えていき、最終的に残る利益を増やしていくということですね。

    転ばないようにしようと思えば思うほど、逆に人は突っかかって転びます。

    だから、転ぶことを恐れて、転ばないようにするのではなくて、転んだときの対処法をあらかじめ決めておくことです。

    うまい転び方を学んで、いいトレードをしていただけたらなと思います。

    みつしろの視点
    吹き出し画像
    みつしろ
    転ぶこと前提でトレードをすることで最終的にプラスになる!

    2.FX初心者に贈るアドバイスのまとめ

    吹き出し画像
    みつしろ
    では、最後に今回のまとめをしておきましょう!

    今回は、FX初心者に贈るアドバイスについてお話しました。

    アドバイスには、以下の、

    • 基本を徹底的に反復して、突き詰めるべし!
    • 目先の損得で判断しないようにするべし!
    • 恋愛でドキドキするな!
    • 甘えと慣れに対して危機感をもつべし!
    • 常に不安定な道を選択しろ!
    • 転ぶこと前提でトレードをしろ!

    の6つがありましたね。

    「基本を徹底的に反復して、突き詰めるべし!」では、FXは「基本」さえ徹底的に反復し、極めていけば、勝てるようになるという話でした。

    1つのチャートパターンに絞って、基本である「損切り」「利食い」「エントリー」を徹底的に実践することでトレードとしてのレベルが、自然と中級者以上まで上がるんですね。

    「目先の損得で判断しないようにするべし!」では、FXで負ける人は大抵、目先の損得だけで判断しているという話をしました。

    ずっと、勝ち続けることは、自然界の法則的にあり得ないことであり、目先の損得を重視したら、最終的には勝てなくなります。

    適度に損失を確定させて、負けを入れた方が、長期的に勝ち続けるトレーダーになることができます。

    「恋愛でドキドキするな!」では、異性に対して、過剰にドキドキしたり、ときめく人はトレードを一旦辞めたほうが良いという話をしました。

    トレードは恋愛の比ではないほど、恐怖と欲望が渦巻いている感情の世界なので、そのときの感情に振り回されていたら間違いなくトレードで勝てません。

    感情に振り回されないことで、利食い、損切りしたときの精神エネルギーの消耗率がどんどん減り、冷静にトレードができるようになります。

    「甘えと慣れに対して危機感をもつべし!」では、人を最も堕落させるものに甘えと慣れがあるという話をしました。

    「甘え」という状態は、本来の目的を見失っている状態です。

    「トレードでもっと実力をつけていきたい」という本来の目的を見失って、今の目先のことを優先しているんです。

    それでは成長しないですし、本来の力なんて引き出せません。

    慣れも、甘え同様に人を堕落させてしまいます。

    人は慣れると、適当になるので。

    たまたま運に恵まれて、トレードに勝ち続けると「何をやっても勝ち続けられる」と錯覚します。

    すると、適当な気持ちで、トレードに臨むものですから、いつの間にか全然勝てなくなり、スランプに陥ります。

    そうならないためにも、日常生活をおくる上でも、甘えや慣れというものに関して敏感になってください。

    「常に不安定な道を選択しろ!」では、安定よりも不安定な道を選択し続けたほうが、最終的にはプラスになるという話をしました。

    ある一つの手法でうまくいって収益が出ると、その手法が安定しているものだと勘違いして、損切りするべきところでできない、などの判断ミスをして、負けるようになります。

    長い目で見たら不安定を選択したほうがプラスに働きますので、不安定を選択し続けていくべきですね。

    「転ぶこと前提でトレードをしろ!」では、トレードでうまくいかない人ほど、転ぶことを恐れるという話をしました。

    転ぶことを恐れて、勝率を上げようとすると、返って負けてしまい損をしてしまいます。

    トレードでより勝率を上げたいのであれば、損失を許容できる幅を広く取る必要があります。

    転ばないようにしようと思えば思うほど、人は突っかかって転ぶので、転ぶこと前提で対処法を考えていったほうがトレードでも勝てるようになります。

    ぜひ、今回の記事の内容を参考にしてもらって、FX初心者から抜け出していただけたらなと思います。

    電子書籍プレゼント -->
    Pocket