FX初心者が勝てるやり方を会得する4ステップ|月間200万円への道

FXのやり方 FXの上達法

FXトレーダーのみつしろです。

この記事の最後には、ボクから「電子書籍と解説動画の無料プレゼント」をご用意しました。

この記事である程度の知識が頭に入ったら、とにかく実践することが重要です。

じゃあ、具体的にどんなことに取り組んでいけば良いのか?

その具体的な手法もこの「電子書籍と解説セミナー動画(期間限定で無料プレゼント中)」でお伝えしていますので、
ぜひ手に入れておいてくださいね。

さらに言えば、今回の記事に合わせて、
プレゼントしている電子書籍と解説動画を学べば、
より相乗効果が発揮されるようカリキュラムも組んであります。

(もちろん、どちらか一方を学ぶだけでも十分効果があることは保証します。)

なので、ぜひこの機会に一気にトレードの力を上げてもらえたらと!

すぐに欲しい! という方はこちらからどうぞ

さて、それでは本題です!

Pocket

どうも!FXトレーダーのみつしろです。

吹き出し画像
ピヨ太郎
初心者でも勝ちまくれるFXのやり方を教えて欲しいピヨ!みつしろさん、まだ何か秘密の必勝法を隠してるんじゃ…?
吹き出し画像
たかはし
私もなかなか勝てないんです。本とかで理屈はわかっても、実際のトレードになるとその通り行かなくて。やり方が間違っているんでしょうか?

FX初心者の2人から「勝てるFXのやり方を知りたい」というリクエストが来ていますが、メールマガジンの読者さんからもこんなメールをいただきました。

私はFXを初めて2ヶ月の猛勉強中の初心者です。
ある時、あるYOUTUBEのFX動画を見て、自分でも挑戦したくなり、この世界に飛び込みました。

ですが未だにまったくと言っていいほど勝てません。
いまいちこれといった手法を持っておらず、優位性のあるポジションを持つ技術がなく、よく紹介されるような教科書通りのトレードをしても逆行して、ロスカットとなり、頭に来てすぐに逆のポジションを持ってもそれも伸びずにレンジ入りで、また逆行という、悪い事例の典型的なパターンに陥ってしまいます。

ひとつのパターンを繰り返し行い練っていくべきで、手法探しをしてはいけないのはよくわかっているのですが、どうにもとっかかりが掴めない状況でした。

藁にもすがる思いでみつしろ様の逆張りからのトレンドフォローの手法を伝授していただき、それを繰り返し実践することで突破口を見いだしたいと思い
メルマガ登録をさせて頂きました。

内容は非常に分かりやすくシンプルで、大変参考になりました。これからこの手法をベースに自分のトレードを練り上げていきたいと思います。
(H.Sさん)

基本はしっかり勉強していて、いくつかパターンも持っているんだけでど、まだビシッとハマるものがない状態ですね。

そこで今回は、初心者が勝てるやり方をマスターする方法をステップバイステップでご紹介したいと思います。

この記事をお読みいただくと、

  • 初心者の頃ボクがしていた勘違い
  • 手法よりも大事な「あること」(ただし、メンタルの話ではありません)
  • 初心者が勝てるやり方を会得する4ステップ
  • 相場観をつかむ3つのポイント
  • 相場観がズレた時の対処法

などがわかり、「勝てない」を克服するヒントになると思います!

まずは、僕がまだ勝てるやり方を見つける前、トレーダー初心者だった頃の失敗談からどうぞ。

FX初心者だったボクが勝てるやり方を見つけるまで

ボクは以前、職業トレーダーをやっていました。証券会社のトレーダー部門で、それこそ午前中から深夜・早朝まで、チャートとにらめっこの日々でした。

今はビジネスをやりつつ、個人トレードの方も1日30分から1時間くらいやって、FXと株とかも含めて月平均200万円ぐらい稼いでいます。

基本的にパソコンとネット環境があればどこでもできる仕事なので、毎日あちこち移動して、仲間にトレードやビジネスを教えたり、ただお茶を飲んで語り合ったりもしています。

一緒に面白いことをやる仲間が増えたらいいなと思って、YouTubeとかブログにも力を入れています。

そんな感じで今はトレード歴10年目になった僕ですが、最初は皆さんと同じ初心者でしたし、やり方がわからなくてずっと勝てない時期がありました。

悲惨だった専業トレーダー時代

職業トレーダーといっても、それまでに資産運用の経験もない普通の新卒だったので、戦績はもうボロボロでしたよ。

吹き出し画像
たかはし
みつしろさんは、そこからどうやって勝てるようになったんですか?
吹き出し画像
みつしろ
最初は、本を読みまくってましたね

トレーダーになりたての頃のボクは、給料をつぎ込んでトレードの書籍を次から次へと大量に買って読んでました。

とにかく「勝てる手法」を学ばなければ、と思ってたんです。(後でそれは勘違いだったとわかるんですが。)

あの頃は常に本を持って歩いていて、電車の中でも、トイレでも本を読んで、寝る時も本を読みながら寝落ちする生活でした。

吹き出し画像
ピヨ太郎
どんな本を読んでたんですピヨ?
吹き出し画像
みつしろ
順張り系、逆張り系、使うインディケーターから何から、手に入る本は全部読んでたね

それでたくさん手法を仕入れて、使えるか試しました。

しかし、どの手法を取り入れても、ある一定期間は勝てるのに全然使えなくなったり、書いてある通りにやっても負けたりが続きます。

あまりにも勝てないので、上司からは、

「お前はトレーダーに向いてない」

と、毎日嫌味を言われていたほどです。

最終的にその会社では大きな損を出してクビになってしまったんですが、2社目の運用会社で3ヶ月経つぐらいのときにやっとプラスを出せるようになりました。

レンジ相場を狙った逆張りでコツを掴んで、月200万円ほど稼ぐようになったんです。

吹き出し画像
ピヨ太郎
200万円!
吹き出し画像
みつしろ
まあ、その頃はお金は稼げてたけど、ストレスでヘビースモーカーになって、コーラのがぶ飲みして、かなり不健康な生活でしたね

確かに稼げてはいるけれど、トレードの技術面でも不安がありました。

逆張り一辺倒で勝てているのは、たまたまレンジが続いているからで、もしもトレンド相場に移行したら、今までのやり方のままではきっと勝てなくなるだろうな、と。

手法を使うには流れが必要である

ただ、逆張りをやりまくってボクなりに経験を積んで学んだのは、「ある手法には最も上手く機能する流れや相場環境が存在する」ということでした。

逆張りばっかり何十回も何百回も繰り返していたので、ついに「この相場の状況で、この流れだったら、行ける!」というタイミングがパっと見でわかるようになったんですね。

それはテクニカル分析よりもずっと感覚的な、「直感」に近いものでした。

チャートを見ただけで「あ、ここでエントリーすればいいな」というのが、何となくわかってしまうんです。
(慎重派なので、実際にエントリーするのは何個もインジケーターを確認して「間違いない」と思った後なんですが)

FX初心者がやらかした失敗談5連発」などでは散々、勘にに頼るな、根拠なくエントリーするなとお伝えしてきたので、えっ!と思われるかもしれません。

ただ、これは当てずっぽうではなくて、相場の環境や過去から現在までの流れ、その他のファンダメンタルなどいろんな情報を脳が自動的に統合して導き出した「根拠のある直感」です。

まるで、漁師がなんの変哲もない海の様子を見て「この後、嵐がくる」と言い当ててしまうように、本当は微細な情報をキャッチしているので根拠がないわけではありません。

でも、情報量が多すぎて本人にすら説明が不可能なので「どうして嵐が来るのがわかったんですか?」と尋ねても「なんとなく」としか言えないわけです。

吹き出し画像
たかはし
トリプルアクセルの跳び方を聞かれて「よいしょって跳びます」って言う浅田真央さんみたいですね
吹き出し画像
みつしろ
実は、非言語の領域の方が情報量は圧倒的に多いんですよ

逆張りで感覚をつかむ以前、ボクは「手法」にばかりに注目していました。

自分が勝てないのは「手法」が間違っているからだ!と思ってたんですけど、そうじゃなかった。

ボクは相場の流れや環境には全く目を向けず、手法を単純にチャートに当てはめていただけだったんです。

だからどんな手法を学んでも、使えないタイミングで使おうとして負けていました。

FXのやり方は、準備が9割!

勝利の鍵は「勝てる手法」ではなく、手法が機能を発揮できる「相場の流れ」にある。

これは、トレードだけでなくスポーツや恋愛、ビジネス、何にでも言えると思います。

吹き出し画像
たかはし
確かに、『○○は準備が9割』とか『段取り八分』なんて言いますよね

例えば、ボクはキックボクシングをやってたんですけど、どんなに右ストレートが強くても、いきなり右ストレートを出したら当たらないんですよ。

大事なのは、そのパンチを繰り出すまでの流れをいかに作るか、という戦略なんです。

まずはジャブをついたり、ボディを狙ったりして相手の意識を逸らし、不意をついて右ストレートを打つから当たるわけです。

パンチを出す以前に、当たるかどうかが決まっているんですね。

もう一つ例を挙げると、恋愛テクニックみたいなのもそうですよ。

「女性をデートに誘うLINEの送り方ベスト10」みたいなテクニックがありますけど、ほとんど話したことのない人にいきなり送っても、相手は引いちゃいますよね。

テクニックはあった方がいいんだけれど、そのテクニックが使えるだけの信頼関係とか流れができていないと、成功率はものすごく低くなります。

デートに誘うまでに9割以上が決まっているんです。

FXトレードでも、手法は万能ではなくて、エントリーをするまでのプロセス・流れ・相場環境でほぼ、決まってしまう。

ボクもトレードしている時間の長さよりも、相場環境の把握にかかる時間の方を増やしてから、いつの間にか勝率が上がっていました。

吹き出し画像
ピヨ太郎
よっしゃ!ワイもガンガン勝ちにいくピヨ〜!
吹き出し画像
たかはし
その「感覚」と普通のテクニカル分析はどう使い分けたらいいですか?
吹き出し画像
みつしろ
両方ともあった方がいいです!

テクニカル分析は、細かいタイミングを合わせるための「ミクロ的なアプローチ」です。

それ以前に、いい流れがきているのかどうなのか、相場環境や優位性を認識する「マクロ的なアプローチ」ができていないと、不利な状況でトレードしてしまうことになります。

吹き出し画像
たかはし
なるほど、将棋で言うところの「大局観」ですね。部分的に得する手筋でも、全体で見たら負けちゃうみたいな
吹き出し画像
みつしろ
そうそう。トレードでは「相場観」と言います

ボクの相場観が養われたのは、ひたすら逆張りしていたために「逆張り」に関して情報量が増えた、と言うのもあるんですけど、トレーダーの先輩からもだいぶ鍛えられたなと思います。

専業トレーダー時代の先輩に、Kさんという化け物レベルな腕前の人がいました。

ちょっと変わった人だったんですけど、相場にはものすごい厳しい人で、

「みつしろ君、今の相場、どう見る?」
「FRBの金融政策に対して市場はどう反応すると思う?」
「今日の指標発表ってなんであれだけ動いたか説明できる?」

などと、よく分からないところを突っ込まれていました。

K先輩の見解を聞くと、同じチャートを見ているとは思えないほど全く視点が違うのでびっくりしました。

それでK先輩だったらこの相場をどう見るかな?と考えるクセがついたんですね。

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
FX初心者はテクニック・手法などのミクロ的なアプローチに偏りがち。テクニックを生かすには、相場の環境、流れ、優位性を見極めるマクロ的アプローチも必要!

では、ここからはマクロ的なアプローチも含めて、流れの中で手法を使うにはどんな風に練習すればいいのかを解説していきます!

以下は、勝てるかどうかは別にして、トレードの基本動作ができる前提の話になります。

もし、「全くゼロからで何も分かりません」とか「勉強したつもりだったけど、ちょっと怪しいかも」という人は、このページはブックマークしておいて、先にFXの基本の記事から読んでくださいね!

FX入門|これだけは押さえておきたい、初心者のための基本知識

2019年9月9日

FX初心者が勝てるやり方を会得する4ステップ

準備は大丈夫でしょうか? では実際のやり方を見ていきましょう!

全体の流れは、こうです。

  1. メインで使う手法を1つ決める
  2. 知識を実践できるまで反復練習する
  3. 過去のチャートで仮説を検証する
  4. リアルタイムのチャートでひたすら探し、実践する

この4ステップで、「理屈はわかるけど実際のチャートで使えない」現象を克服します!

上手くいくときの環境や流れが頭に入っていない人はなかなか勝てません。

反復練習をして自分で感覚をつかむのが目的なので、他の人の意見は参考にしてもいいですが、なんでも鵜呑みにするのではいけません。

例えば、本を参考にするなら、自分でもその本を書けるぐらい、ちゃんと自分で実験・検証して自信を持って言えるようにしましょう。

では、具体的な練習方法です。

1.メインで使う手法を1つ決める

吹き出し画像
ピヨ太郎
ふむふむ、1個を反復練習するんやね

ボクの場合は逆張りでしたが、感覚をつかむには繰り返しの反復練習がとても大事です。

最終的には状況に応じて複数の手法を使い分けられるようになって欲しいんですけど、まずは1個の手法に絞ってください。

同時にあれもこれもやろうとするよりも、1個ずつやったほうが感覚をつかみやすいです。

吹き出し画像
たかはし
最初に覚えるのはどの手法が良いですか?

トレンドフォローでも逆張りでも、やってみたいものなら何でもOKですよ。

「これは自分に合うな」とか「こういうやり方なら長続きしそうだな」というものを決めます。

何からやったらいいかわからない人には、メルマガで紹介している「逆張りからのトレンドフォロー」を試してみてください。

ボク自身もメインで使っている手法なんですけど、初心者の方からもシンプルで使いやすいと評判なのでおすすめです。

詳しいやり方については、メールマガジンの登録者限定動画で解説しています。このページの最後から登録できるようになっています。

2.その手法がどんな相場の流れの時に最も機能するのか仮説を立てる

次に、ここからが重要なのですが、ステップ1で選んだ手法がどういう流れ、どういう相場環境の時に最もうまく機能するのか、を考えて仮説を立てて検証します。

例えばトレンドフォローだったら、「ブレイクアウトが起きて、1回ドンと値段が上がったあと、もう1回下げてからトレンド方向を狙いに行くと勝ちやすいんじゃないか」など実体験を元に仮説を立てます。

吹き出し画像
みつしろ
本にも書いてあったりしますが、概念として覚えていても、自分で使えなかったら意味がありません。「自分なりに仮説を立てる」のがポイントです!

3.過去のチャートで仮説を検証する

続いて、Forex Tester4(フォレックステスター4, FT4)などの過去チャート検証ソフトを使って仮説を検証していきます。

吹き出し画像
ピヨ太郎
普通のデモトレードとは違うピヨ?
吹き出し画像
みつしろ
デモトレードよりも時間をかけずに、大量の過去チャートから仮説の検証ができます!

だいたい、皆さんFXを始める時にはデモ口座を作って練習していたと思いますが、あれはリアルタイムのトレードと同じなので、この仮説は合ってるかどうかを検証するのに、結果を待たないといけません。

過去チャート検証ソフトで疑似トレードをする場合は、早送りでチャートを動かすことができるので時間短縮になるんですね。

あとは、Forex Tester4の場合は土日やオフラインでも練習ができます。

ボクが使っているのはForex Tester4ですが、『MT4裁量トレード練習君プレミアム』はメタトレーダー4(MT4)と同じ環境で検証・練習ができるのでMT4でトレードしてる人には使いやすいと思います。

どちらも有料のソフトなのですが、無料のデモ版もありますので試してみてください!

検証ソフトをインストールしたら、過去の相場の中から自分が選んだ手法を再現できそうな場面を探し、うまく行くかどうか流れを見て行きます。

繰り返しになりますが、検証するパターンは「1つだけ」にしましょう。

ボクも逆張り1個だけを極めた結果、感覚がつかめて他のパターンも使えるようになっていきました。

吹き出し画像
たかはし
なるほど、ピアノで最初からいろんな曲を同時に覚えようとするより、まずは1曲だけでも完璧に覚えた方が「曲を覚えるって、こんな感じなんだな」ってわかるのと同じですね!
吹き出し画像
ピヨ太郎
よっしゃ、みつしろさんの『逆張りからのトレンドフォロー』を完璧に盗んでやるピヨ〜!!
吹き出し画像
みつしろ
勢いいいね!どんどん検証してください!

で、1個の手法をいろんな場面で検証してると、うまく行くときとうまく行かない時が出てくると思います。

ここで重要なのは、ただ自分が選んだ手法を試すのではなくて、上手くいく流れ、をいろんな場面で見ながらデータを頭の中に叩き込んでいくことです。

同様に、上手くいかない流れも覚えておくと良いです。上手くいかないパターンの違い、特徴などをメモしておきましょう。

最近、AIの「機械学習」でアプリで修正した顔写真を元に戻す技術とか、いろんな面白いことができるようになってますね。

https://platform.twitter.com/widgets.js

吹き出し画像
たかはし
SNOW剥がし、ですよね。恐ろしい技術です…!

あれって、AIに大量の修正前・修正後のデータを見せて反復学習させることで、法則をシステム化して自動で再現できるようにしているそうです。

人が何かを習得するときも大量インプットが必要な時期はあります。

上手くいく流れ、パターンのデータをたくさん見ていくと、最終的には自動的に「ここだな」っていうのがバシッと見つけられるようになる。

データが積み上がっていくと「こう言う時は上手くいく」という判断基準ができるんですね。

吹き出し画像
ピヨ太郎
それにはどのくらい練習したらいいピヨ?
吹き出し画像
みつしろ
検証する過去チャートは最低20〜30個、できれば100個くらいやると、感覚がわかってくると思います。まあ、ダメだったらやり直せばいいので「行けるな」と思えたらOKですよ

過去チャートの検証法については、こちらの動画もどうぞ。

4.リアルタイムのチャートでひたすら探し、実践。

うまく行く時の流れのデータが溜まってくると、「ここだ!」という判断ができるようになってきます。

そうしたら、デモトレードでも構いませんので、リアルタイムのチャートでひたすら探して、実践しましょう!

「この場面は行けそうだ」と思ったところでエントリーして、プラスに回っていくかどうか検証します。

吹き出し画像
ピヨ太郎
見える、見えるぞ、シャイニングロードが!!完璧につかめたから次の手法にも挑戦するピヨ!
吹き出し画像
みつしろ
あ、同じ手法で1、2ヶ月は継続してくださいね
吹き出し画像
ピヨ太郎
1、2ヶ月!

確率の話で、試行回数が少ないと勝率は正確に出ませんから、本当に上手く行っているのかどうかを検証するには、ある程度のトレード回数が必要です。

上手くいかない場合はステップ2まで戻って仮説の立て直しから同じ手順を行ってください。

吹き出し画像
たかはし
これだけやったら相当な得意戦術にできそうですね!
みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
一つの手法で相場の流れを読む練習をすると、「ここは勝てるな」と肌感覚でわかるようになってくる!

相場の状況・流れを把握する3つのポイント

吹き出し画像
ピヨ太郎
相場がどういう流れなのか、今ひとつわからないピヨ
吹き出し画像
みつしろ
相場の状況や流れを把握するには、次の3つのポイントを確認しよう!
  • ドル買いかドル売りか
  • トレンドか、レンジか
  • この流がが続くかどうか

ドル買いか、ドル売りか?

ドルは、為替相場全体の大きな流れを作るキーカレンシー(基軸通貨)です。

ドル以外の通貨ペア、例えば「ユーロ/円」でトレードする時にも、実はドルの動きが影響しているんですね。

なので、ドルがどういう状況にあるかは常にチェックしましょう。

現在ドル買いか、ドル売りか、ドル/円だけでなく、複数の通貨ペアで確認すると相場全体が見えてきます。

ドルとの関係に注目することによって、相場の流れや変化の兆しをキャッチしやすくなりますよ。

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
相場の状況を知るには、まずドルがどうなっているのかをチェック!

トレンドか、 レンジか?

次に、相場の状態を把握しましょう。

相場の状態には主に次の2種類を繰り返し移行しています。

  • トレンド相場
  • レンジ相場

トレンド相場は高値・安値が切り上がっていく、または切り下がっていく状態でしたね。

FXトレンドの定義

上、下、どちら向きにトレンドが発生しているのかによって、更に「上昇トレンド」「下降トレンド」に分けられます。

レンジ相場は一定の範囲内で小さい値動きを繰り返し、揉み合いが続く状態です。

レンジ相場

上記のトレンドにもレンジにも当てはまらない「ショック相場」などイレギュラーな状況もあります。

上がっているけどきれいなトレンドになっていない、など、良くわからない場合はエントリーするべきではありません。

時間軸によっても変わりますので、複数の時間足に切り替えて相場の流れを掴みましょう。

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
明確なトレンド相場、レンジ相場、またはそれ以外の「良くわからない」相場なのか。相場の状況を把握しよう!

この流れが続くかどうか?

最後に、現在の流れはそのまま続きそうなのか、それとも流れが変わりそうなのか、自分なりの予想を立てます。

テクニカル要因はもちろん、株価、金や原油などの商品価格、その時々のニュース、それに対する投資家の期待感からも為替相場は影響を受けています。

複雑系なので「テロが起こったら円高になる」などと100%予想を当てることはできません。

しかし、わからなくても、自分なりに考えて予想し、その結果どうなったか確認する、という経験を積み重ねていくことで相場観は磨かれていきます。

吹き出し画像
みつしろ
他のトレーダーや経済評論家の言うことを鵜呑みにせず、ちゃんと自分で判断できるように練習していこう!
吹き出し画像
ピヨ太郎
今日からニュースを見るピヨ
吹き出し画像
たかはし
今までは見てなかったんだね!
地球儀

FXにおけるファンダメンタルズ分析とは?注目する点や優先順位を解説!

2017年11月20日

ちなみにボクは、父親の仕事の関係で2歳から高2までは外国をあちこち転々としてきた、いわゆる帰国子女です。

南アフリカからオランダ、サウジアラビア、アメリカまで、海外で10年以上過ごしてきました。

そのせいで海外でも日本でもイジメられてコンプレックスだったこともありましたが、海外情勢に意識が向いていて英語の情報も得られるのは、実は相場観を養うのに役立っていたような気がします。

吹き出し画像
ピヨ太郎
英語!
吹き出し画像
みつしろ
まずは日本語でいいからニュースを見よう
みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
今後の相場の流れを自分なりに予想してみよう!当てることよりも、相場観を磨くことが重要!

相場観がブレた時の対処法

吹き出し画像
ピヨ太郎
ぐぬぬ、含み損がヤバいけど、これは絶対に流れが来てるはず!ロスカットはしないで耐え忍ぶピヨ〜!
吹き出し画像
たかはし
みつしろさん、ピヨ太郎が血眼になってます!
吹き出し画像
みつしろ
ちょっとズレてそうだから、1回やめようか

相場観は、勘違いしやすいものでもあります。

例えば「ロスカットしたくない!」と焦っていると、自分が見たい情報しか目に入らなくなり、都合の悪い情報は無視するようになります。

いい相場観の条件は、客観的で、中立に見ていること。

「もっと勝ちたい、利益を出したい!」と思ってチャートをみると、都合良く解釈して安易にエントリーし、往復ビンタを食らうことになります。

吹き出し画像
ピヨ太郎
ぐぅ。どうやって立て直したらいいピヨ?!

これは何回でも思い出してほしいトレードの鉄則なのですが、感情的になった時は絶対にトレードをしないことです。

もちろん、人間ですから、やってるうちにテンションが上がったり、負けを取り戻そうと復讐心にかられたりすることは、あります。

ですが、「もう1回だ!」と思った時こそ、一旦トレードから離れた方が良いのです。

ちょっとのブレなら、その日はトレードを終えて、風呂に入って良く寝てリセットすれば、次の日には調子を取り戻せます。

ずーっと何をやってもうまくいかない!という大スランプのときには、口座から資金を出して、1週間から1ヶ月くらいトレードしない期間を作るのも良いでしょう。

実際、いきなり客観視しようとか、中立に慣れとか言われても、難しいじゃないですか。

やってたらヒートアップするし、ズレることもあります。

でも、中立を知るには両端も知らないといけませんから、1回悪い方に振り切ってみるのは良い経験になります。

「考えて、何か結論を出してからやる」という絶対失敗したくないマインドでは、結局人の行動も考えや思考もは変わりませんからね。

まずは行動してバランスを崩しながらでも進んで経験を積んでいけば、だんだんバランス感覚がわかって来ます。

ただ、毎回振り切ってたら大変ですので、「ブレてきたな」と思ったらすぐに止めるのを徹底しましょう。

吹き出し画像
ピヨ太郎
オレはどうかしてたピヨ!また1からやり直すピヨ!
吹き出し画像
たかはし
頑張ろー!
みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
感情的・主観的になった時は相場観がブレて、エントリーポイントを見誤る。上手くいかない時はトレードを一回やめて頭を冷やそう!

まとめ

では、本日のまとめです。

「手法さえ覚えれば勝てるようになる」は良くある勘違いで、どんな手法にも最も役立つ場面や、そこまでの流れというものがあります。

恋愛で「告白のやり方」をいくら練習しても、それ以前の関係ができていなければ使えないように、トレード手法もビシッとハマる流れが来ているときにこそ真価を発揮します。

相場の状況や流れをつかむ「相場観」が、実は大事だったのです。

僕はそれを「逆張り」という自分の勝ちパターンを習得する過程で学びました。

初心者が勝てるやり方を身につけるには、まずは1個、手法を決めて、過去のチャートから使えるパターンを大量に探してみましょう。

どんな流れの時に上手くいくのか、仮説を立てて検証し、「行けるな!」と思ったら実際のトレードでやってみてください。

相場観を磨くポイントは次の3つです。

  1. ドルの状況に注目する
  2. きれいなトレンド・レンジなのか、それ以外かを見分ける
  3. 今後の相場の流れを自分なりに予想し、結果を検証する

ズレて来たときはいったんトレードをやめて、リセットを。

吹き出し画像
みつしろ
最初は手法1個だけでも、ちゃんと感覚を掴んでしまえば他のやり方を覚えるのも圧倒的に省エネできます。しっかりマスターしよう!

FXで勝ち続ける次世代トレーディングの極意を知りたくありませんか?【豪華プレゼント付き】

メルマガでは、今回ご紹介した勝てる流れの掴み方や相場を予想するコツ、具体的な手法などについて、ブログでは書けないような更に深い内容を、様々な事例を取り上げながらご紹介しています!

今なら、FXで勝ち続けるためのメンタルと手法を学べる、電子書籍と講義もプレゼントしています!

ボクはFXトレードを通じて、人生に本当に大切な実力を磨き上げ、世の中を良くしていく仲間を増やしていきたいと思っています。

仲間づくりのために、メルマガでは質問なども受け付けていますので、ボクに直接ホットラインで質問できるようになります!
メルマガやここの記事で取り上げて、解説できることもあるかもしれませんので、ぜひ質問や感想も送ってくださいね!

↓↓↓こちらのバナーをクリックしてご登録ください!↓↓↓

電子書籍プレゼント 人気ブログランキング参加しています!
良ければ下リンクをポチッとお願いします!


為替・FXランキング

1984年生まれ。埼玉県出身。大学卒業後、証券会社、ヘッジファンドを渡り歩きながら、トレーダーとして、毎月400万以上の安定的な利益を出し続ける。2012年にトレードの情報発信を開始し、起業し、年収1億円を達成。その後、最高の仲間たちと出会い、一緒に飲食店のプロデュース、映画作り、コミュニティ運営、トレード指導、妻と娘との自由な時間など、忙しくも充実した毎日を送っている。数々のトレーダーを生み出したことをきっかけに、YouTubeでも発信をはじめ、たった数ヶ月で約4万人のチャンネル登録をされ、数百人の前でセミナーをすることも。ただ稼ぐだけでなく、FXトレーダーが真に充実して幸福な人生を送るために必要なことを、多くの人に伝える活動をして、プロトレーダー育成に力を入れている。

Pocket