FXのエントリーポイントの条件3つ|初心者はこれだけ押さえよう!

FXのエントリーポイントがわからない FXの上達法

FXトレーダーのみつしろです。

この記事の最後には、ボクから「電子書籍と解説動画の無料プレゼント」をご用意しました。

この記事である程度の知識が頭に入ったら、とにかく実践することが重要です。

じゃあ、具体的にどんなことに取り組んでいけば良いのか?

その具体的な手法もこの「電子書籍と解説セミナー動画(期間限定で無料プレゼント中)」でお伝えしていますので、
ぜひ手に入れておいてくださいね。

さらに言えば、今回の記事に合わせて、
プレゼントしている電子書籍と解説動画を学べば、
より相乗効果が発揮されるようカリキュラムも組んであります。

(もちろん、どちらか一方を学ぶだけでも十分効果があることは保証します。)

なので、ぜひこの機会に一気にトレードの力を上げてもらえたらと!

すぐに欲しい! という方はこちらからどうぞ

さて、それでは本題です!

Pocket

どうも!FXトレーダーのみつしろです。

今回は「エントリーポイントがわからない」というお悩みにお答えしていきたいと思います。

吹き出し画像
ピヨ太郎
トレンドが来たと思ってエントリーしてるのに、いつも逆にいってしまう!なんでピヨ〜?!
吹き出し画像
たかはし
エントリーポイントって難しいですよね。
吹き出し画像
みつしろ
みんな、おそらく「ここだ」と思うエントリーポイントの感覚がズレてるね

トレンドに沿ってトレードしているつもりなのに勝てない、エントリーした瞬間に逆行してしまう、というお悩みメールはたくさん届いています。

そこで今回は、初心者の方にもわかりやすいエントリーポイントの見分け方を解説します。

  • 初心者がエントリーポイントを間違える最大の理由
  • これだけ守ればOK!エントリーポイント3つの条件
  • エントリーの感覚をつかむ練習方法

などを、トレード歴10年、9年負けなしのみつしろがお話しします!

お読みいただければ、トレンドフォローの勝率が格段に上がると思います!では、行ってみましょう。

FXのエントリーポイントがわからない理由

吹き出し画像
ピヨ太郎
なぜだ!?ここだと思ってエントリーすると、なぜか必ず逆に行き、損切りして反対のポジションを持つとまた逆に行く!もうどうしていいかわからないピヨ…
吹き出し画像
たかはし
往復ビンタってやつですね。ここで、メールマガジンの読者さんからも体験談が届いてますので紹介しますね

損大利少がつづいておりまして、どうしたものかとずっと思っておりました。
銘柄選択は結構あたるのですが エントリーポイントがいまいちよくわからず
エントリーポイントがいまいち=損切ポイントもおそくなりがち=利食いポイントもいまいち
思考錯誤しているうちに損切貧乏にかたむいていってしまってました。
(やまさん)

吹き出し画像
ピヨ太郎
わかる!エントリーポイントがわからないと全部が崩れて行くピヨ
吹き出し画像
たかはし
もう1通、別の方からのお便りです。

トレードをはじめて、3年になります。収支はたまたまビギナーズラックで大きく1年目で勝てたのですが、2年目は全然ダメでした。最近では2年目ね後遺症でエントリーポイントが全くわからなくなって、メンタルもガタガタだったので、書籍や動画を拝見させていただいて、とてもスッキリしました。これからもみつしろさんの動画やブログを通じて、吸収させて頂ければ幸いです。ありがとうございました。
(匿名希望さん)

吹き出し画像
ピヨ太郎
考えれば考えるほど分からない…一体どうしたらいいピヨ〜!!
吹き出し画像
たかはし
みつしろさん、どうしてエントリーポイントってこんなに難しいんでしょうか?
吹き出し画像
みつしろ
それは、みんな最初はやりがちなんですけど、「第1波」を予想で狙いに行っちゃてるからですね

トレンドフォローに挑戦しているけれど勝てない、という人に最も多い負けパターンが、こちらです。

  • ブレイクの第1波を捕えようとする
  • ブレイクの第1波で突っ込む

では、解説しましょう。

ブレイクの第1波を捕えようとする

レンジ相場が続いた後のブレイクの第1波を予想して捕まえに行ってしまう。

これは、初心者の多くがやりがちな負けパターンです。

吹き出し画像
ピヨ太郎
オレはビッグウェーブに一番に乗るピヨ〜!
吹き出し画像
たかはし
どうして第1波の予想だとだめなんですか?
吹き出し画像
みつしろ
「願わくば第一波を捕えたい!」、それこそ負ける9割の思考だからです。ピンポイントで予想するなんて、ボクでも無理ですよ

レンジ相場がずっと続くと、そろそろどちらかにブレイクしそうだな、と思いますよね。

これは人間心理としては確かにその通りで、レンジが長く続くほどトレンドが発生する確率は高くなります。

でも、そのタイミングがいつやってくるのか、どっちにブレイクするのかは誰にもわかりません。

その第1波をピンポイントで捕らえるのは、ほとんど不可能です。

まぐれで当たることはあっても、毎回はできません。

初心者の人、または勝てない人は、「ここでブレイクしそうだぞ」と、予想でポジションを持ってしまいます

しかし、残念ながらエントリーした時に限ってレンジ相場が続き、損切りした途端、予想した方向にトレンドが発生…なんてことになるわけです。

例えるなら、恋愛で、まだ脈があるかどうか分からないのに見切り発車して告白するようなもの。

関係が深まるにはある程度時間はかかるものですが、知り合って長いからと言ってその先に必ずしもそれ以上に深まるとは限りませんよね。

もしかしたらたまたまOKしてもらえる可能性はゼロではないですが、多くの場合は「急に言われても…これまで通りお友達でいましょう」となって、逆に気まづくなっちゃったりすると思います。

トレードも同じで、レンジ相場が続いているからと言って、ブレイクの第1波を予想すると大体負けになります。

  • サポート前の売り
  • レジスタンス前での買い

これらのブレイク狙いはやめましょう!

吹き出し画像
みつしろ
これだけでだいぶ負けを減らせると思いますよ
吹き出し画像
ピヨ太郎
わかったピヨ!ちゃんとサポート・レジスタンスのラインを抜けるまで待つピヨ!
吹き出し画像
みつしろ
残念ながら、それも勝ちにくいやり方なんですよね

ブレイク後の第1波で突っ込む

何度も反発している水平ラインをブレイクしたところを狙って、第1波で突っ込んで行くのは「レンジブレイク」という立派な手法です。

吹き出し画像
ピヨ太郎
ええやん!

ですが、残念ながらレンジブレイクは勝率があまり高くありません。30%から良くても50%くらい。

吹き出し画像
みつしろ
そもそも、トレンド相場よりもレンジ相場の方が圧倒的に多くて、トレンドが発生するのはレアケースなんです

一般的には「トレンド相場3割:レンジ相場7割」と言われています。

それに、直近のサポート、レジスタンスラインを抜けてブレイクしたかのように見えても、

  • 「騙し」でまたレンジ内に戻って行く
  • 反対側に抜けて行く

と言ったケースはよくあります。

または、本当にブレイクしたケースであっても「戻し」の動きが起こることもあります。

一旦抜けたサポート・レジスタンスのラインを試しにくるんですね。

吹き出し画像
みつしろ
そこで第1波に突っ込んでいると、押し目・戻しで振り落とされますよ
吹き出し画像
たかはし
それでロスカットした後で伸びて行くんですね
吹き出し画像
ピヨ太郎
あかーん!

それでも3〜4割の勝率は出ますから、レンジブレイクを狙って行くのはアリですが、初心者の場合はロスカットに耐えられなかったり、心が折れたりするのであんまりお勧めできません。

では、一体どこでエントリーすればいいのか? 次で解説しましょう!

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
トレンド発生の予想はほぼ不可能、レンジブレイクも勝率は高くないので、第1波は狙わない方が良い!
吹き出し画像
ピヨ太郎
ほんなら、一体どこで入ったらええんや?
吹き出し画像
みつしろ
第1波がダメなら、第2波です

ブレイク後のトレンドフォローを狙うなら、第2波でエントリーするようにしましょう。

吹き出し画像
たかはし
え、それだけでいいんですか?
吹き出し画像
みつしろ
そう、たったこれだけで飛躍的に勝率が良くなりますよ!

つまり、第1波のブレイクには飛びつかず、1回目の押し目、戻りを待って、再度ブレイクした方向に相場が動き出したポイントでエントリーする、ということです。

FXのエントリーポイント

まとめると、

  1. トレンドの発生を待つ
  2. トレンドが出た後の押し目、戻しを待つ
  3. 再度ブレイク方向に動いたらエントリー
吹き出し画像
みつしろ
焦って第1波に飛びつかず、ベストのポイントが来るのを待とう
吹き出し画像
ピヨ太郎
よっしゃ、待つで〜!
みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
慌ててトレンドの第1波に飛び乗ると一気に相場の餌食になる!まして、トレンド発生をピンポイントで予測するのは不可能。第2波を待つべし。
吹き出し画像
たかはし
でも、こんなに綺麗なレンジ相場からじゃなくて上がったり下がったりしてる時もありますよね。
吹き出し画像
みつしろ
第2波を狙うのは同じです。波形を見つける具体的な方法を解説しましょう

テクニカル分析のポイントをおさらい!

ここからは、初心者の方でも確実にエントリーポイントを見つけられる3つの条件を解説します。

動画での解説はこちら。

吹き出し画像
ピヨ太郎
ダウ? エリオット?ボリンジャー(ぷしゅー)
吹き出し画像
たかはし
みつしろさん、ピヨ太郎の頭から湯気が出てるので、ガチ初心者向けに補足をお願いします!
吹き出し画像
みつしろ
はい、動画に出てきた用語も含めて図解で説明していきますね!

ちなみに、今回ご紹介する波形の見つけ方は1時間、4時間、日足に有効なやり方で、分足ではやや精度が落ちます。

テクニカル分析については、なんとなく聞いたことはあるけれど知識があやふやな人もいると思いますので、前提となる「ダウ理論」と「エリオット波動」「ボリンジャーバンド」のおさらいから見ていきましょう。

もう完璧だから早くエントリーポイントの条件教えて!という人は「FXのエントリーポイント3つの条件」まで読み飛ばしてもらってOKですよ。

ダウ理論によるトレンドの定義

ダウ理論とは、トレンドを見つけるための基本の考え方です。

考案したのは、なんと19世紀のチャールズ・ダウという人なんですが、ダウ理論の基本原則は現在でもテクニカル分析の基礎になっています。

詳しくはまたどこかでお話しできればと思いますが、ここで注目したいのはダウ理論の「トレンドの定義」です。

トレンドを狙ってエントリーポイントを見つけるには、大前提としてトレンドを正確に見分けられないといけません。

吹き出し画像
みつしろ
上がっているようでも、実はトレンドじゃない形もあるので注意してください
吹き出し画像
ピヨ太郎
実は、トレンドじゃなかった!?

こちらの図をご覧ください。

FXトレンドの定義
  • 高値と安値を切り上げながら上昇しているとき…上昇トレンド
  • 高値と安値を切り下げながら下落しているとき…下降トレンド

これがトレンドの定義です。

なので、例えば全体的にグラフが右肩上がりになっていても、高値が更新されなければ、その段階でトレンドは消滅していると言えます。

吹き出し画像
たかはし
高値と安値が両方とも上がり続けていたら上昇トレンド、下がり続けていたら下降トレンドが継続中、ってことですね
吹き出し画像
ピヨ太郎
もう騙されないピヨ〜!

ダウ理論についてはこちらの動画で詳しく解説しています。

エリオット波動の基本形

もう一つ、動画に登場した「エリオット波動」について説明しましょう。

エリオット波動とは、ラルフ・ネルソン・エリオットという人が経験則から編み出したテクニカル理論です。

この理論によると、相場には「上昇5波、下降3波」のサイクルがある、とされています。

FXエリオット波動の図
吹き出し画像
たかはし
どうしてそうなるんですか?
吹き出し画像
みつしろ
そういうものだからです
吹き出し画像
ピヨ太郎
なんでもいいから、どこでエントリーしたら勝てるのか教えるピヨ!
吹き出し画像
たかはし
こらこら、焦ると相場の神様に嫌われちゃうぞ〜!で、みつしろさん、どこでエントリーしたらいいですか?
吹き出し画像
みつしろ
狙いたいのは、下降相場の「第3波」です!

さっきは「第2波」と言ってたので紛らわしいんですけど、下降トレンドが始まって1回目に下がり、押し目・戻しがあって、2回目にトレンド方向に動いた瞬間を狙いましょう!

エリオット波動についての解説動画はこちら。

ボリンジャーバンドとは

最後にボリンジャーバンドの意味と使い方のポイントを解説しましょう。

ボリンジャーバンドは、ジョン・A・ボリンジャーが考案したテクニカル指標です。

吹き出し画像
みつしろ
みんな、高校数学の「標準偏差」って覚えてる?
吹き出し画像
ピヨ太郎
(プシュー、プスプス)
吹き出し画像
たかはし
うっ私も文系なんで…。あれですかね、偏差値50がちょうど平均点、みたいな

みんな数学が苦手みたいなので難しい説明はやめときましょう。

見てもらったほうが早いと思いますので、こちらの画像を見てください。

ボリンジャーバンド

ローソク足の後ろにうっすら3本の線が引いてあるのが見えますか?

この3本ラインがボリンジャーバンドです。(省略して”BB”と書くこともあります。)

3本あるうち、真ん中のラインは「ミドル」といって、一定期間の終値の平均値を表しています。移動平均線と同じですね。

吹き出し画像
ピヨ太郎
ボリンじゃーバンドはどうやって見たらいいピヨ?

ボリンジャーバンドは相場の振れ幅(ボラリティ)を表しています。

例えば相場があまり動かないレンジ相場では、画像の左側のように上下のラインの「バンド幅」が狭まります。

一方、右半分のようなトレンド相場など、価格変動が大きくなるとバンド幅は広くなります。

意味がわからない人は雰囲気で大丈夫ですが、平均値を中心に標準偏差を2倍したプラスマイナス2σ(シグマ)の範囲には、統計的に基データの約95%が収まるようになっているんですね。

吹き出し画像
たかはし
上の画像だとローソク足もほとんどボリンジャーバンド内に収まってますね!

ボリンジャーバンドの表示は3σなど自分で設定を変えられることもありますが、基本的に使うのは2σです。

動画に出てくるボリンジャーバンドもプラスマイナス2σで表示していますが、この±2σはエントリーのタイミングの目安となります。

  • 上昇トレンド中、価格が下落して「ー2σ」のラインに触れたらエントリー(押し目買い
  • 下降トレンド中、価格が上昇して「+2σ」のラインに触れたらエントリー(戻り売り

ただし、状況によりますので、ボリンジャーバンドに触れたらいつでもエントリーして良い、と言うわけではありません。

吹き出し画像
ピヨ太郎
Zzzz….(コックリコックリ)
吹き出し画像
たかはし
ピヨ太郎が居眠りして、頭のボラリティが大きくなってます!
吹き出し画像
みつしろ
ボリンジャーバンドの具体的な使い方はこの後解説しますので、ここではそんなのがあるんだなーとだけ覚えてもらえれば大丈夫です。まあ、この辺は基本なので、できれば復習してください

シンプルは成功の素!?FX手法の考え方を改めよう!

2019年9月9日
みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
ダウ理論、エリオット波動、ボリンジャーバンドはテクニカル分析の前提知識。あやふやなところは本でおさらいしておこう!

FXのエントリーポイント3つの条件

吹き出し画像
みつしろ
では、いよいよここからは、初心者でも勝てるエントリーポイントの具体的な見つけ方を解説しますよ
吹き出し画像
ピヨ太郎
(シャキーン)
吹き出し画像
たかはし
あ、ピヨ太郎が起きた

ドル円の日足チャートを例に見ていきましょう。

まずは「ダウ理論」と「エリオット波動」を使って波形を見ていきます。

ラインを引いてみると、エリオット波動の上昇5波、下降3波が綺麗に出ているのがわかりますね。

この「下降第3波」が最も流れに乗れるので、狙って行きたいエントリーポイントになります。

吹き出し画像
たかはし
下降トレンドが発生して、1回戻し、押し目を待ってからの第2波、ってことですね!

では、ここのタイミングを図るためにはどうしたらいいのか、という3つのポイントが、以下の3点です。

  • 第2波に乗る
  • ボリンジャーバンドのミドルと重なっている
  • 売りである

順番に説明しましょう。

第2波に乗る

1波はまだみんな迷っている段階で、まだ本番ではありません。

迷いが確信に変わるのが、1回戻した後の第2波(3点目)です。

ボリンジャーバンドのミドルと重なっている

次に、その3点目がボリンジャーバンドのミドルラインと重なっていること。

これがどう重なったら良いのかは、ボクのメールマガジンの登録者限定の動画(無料)でかなり詳しく解説していますので、そちらを見てもらえたらと思います。

このページの最後から登録できますのでお見逃しなく!

売りである

最後は「売り」であることです。

水が上から下に流れるように、相場も上から下へ、つまり「売り」の方が走りやすい傾向があります。

ここで、「為替はペアだから、売りとか買いとかないですよね?」と言う人がいるんですが、理論上は確かにそうです。

吹き出し画像
ピヨ太郎
どゆことだ!?
吹き出し画像
みつしろ
円から見たドルと、ドルから見た円とでグラフが上下逆転する、ということです

円から見てドルが上がれば、ドルから見たら円は下がってることになりますよね。

ただ、世界中で為替のトレードをやってる人は基本的に「ドル/円」のグラフを見ていて、「円/ドル」は先物にしかありません。

なので、長期的には分かりませんが、短期的には下向きの「売り」の方がやっぱり走りやすいんです。

吹き出し画像
たかはし
売りと買いには、そんな違いがあったんですね!
みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
エントリーポイントはこの3つの条件に当てはまるところを狙おう!
・エリオット波動やダウ理論の3点目、第2波に乗る
・ボリンジャーバンドのミドルがそこに重なっている
・「売り」である

エントリーポイントを見つける練習方法

吹き出し画像
たかはし
条件は分かったんですが、実際のチャートの中でタイミングを見つけるのは難しそうですね
吹き出し画像
みつしろ
ちゃんと練習して、感覚をつかんでしまえば、パッと見ただけも見つけられるようになりますよ

初心者の人がエントリーポイントを見つけるのが難しいのは、「勝てるエントリーポイントはここだ!」っていう感覚がズレているから、なのです。

だから適当なところでエントリーしてしまって、すぐに逆行されたり、往復ビンタを食らったりしてしまいます。

吹き出し画像
ピヨ太郎
ほんなら、勝てるエントリーポイントの感覚をつかむにはどないしたらええんや?
吹き出し画像
みつしろ
「反復練習」です!

反復する

自分のズレた感覚を正しい方に合わせて行くには何が必要かというと、正しいエントリーポイントをひたすら練習すること、なんですよね。

スポーツだってそうじゃないですか。

例えば、テニスを始めたばかりの人に「サーブはこうするんだよ」って、正しいフォームを見せてポイントを教えてあげても、いきなりはその通りにできませんよね。

こうかな?って真似して、ズレてたらコーチに直されて、正しいフォームを覚えたら何回も何回も練習して、考えなくても体が動くぐらいにならないと試合で使えません。

吹き出し画像
たかはし
確かに。知ってるのと、できるのとでは違いますよね

だけど、トレードに関してはなぜか「正しいやり方さえ分かればできる」と思われがちなんですよね。

それで、勝てないと「手法が悪いんじゃないか」「教材が悪いんじゃないか」と、次々にいろんな勉強をする人がいるんですけど、それよりは1個の手法だけでもひたすら練習して感覚をつかんだほうが早いんです。

トレードも他のスポーツとか道ごとと一緒で、守破離の「守」から始まります。

自己流にしないで、お手本・セオリーの通りに何回も何回も反復することによって、正しい「感覚」がつかめるんですね。

これはトレーダーあるあるなんですけど、「いつから勝てるようになった?」と聞くと「自分でも良くわからない」と言う人が多いんです。

トータルでプラスになるときは、コレといって特別なことをしたわけじゃないんです。

「なんだかプラスになってきたな」と思うんだけど、何が変わったのかがわからない。

実は、それが反復の蓄積の効果なんです。

今回の場合だったら、上記の3つの条件に当てはまるエントリーポイントをひたすら練習していくと、非常に精度の高い「勝てる」エントリーポイントを見つけられるようになっていきますよ。

練習のやり方は、デモトレードで、3つの条件に当てはまるポイントをひたすら探しましょう。

練習中は、条件に当てはまらないポイントでは一切エントリーしないでください。

感覚が身についたらいろんなバリエーションを増やしても良いのですが、まずは基礎基本を叩き込みましょう。

吹き出し画像
たかはし
期間はどのぐらい練習したら良いですか?
吹き出し画像
みつしろ
これで、1ヶ月くらいで感覚がつかめると思います!
吹き出し画像
ピヨ太郎
練習するピヨ〜!!

エントリーポイントについてはこちらの動画もチェック!

メールマガジンに登録すると、読者限定公開の動画も見られるようになります。登録は記事の最後のボタンからどうぞ。

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
エントリーポイントの正しい感覚をつかむには「反復練習」あるのみ! 3つの条件に合致するポイントをひたすら探してエントリーを繰り返し練習しよう。

トレード全体の精度を底上げする

吹き出し画像
みつしろ
エントリーの練習はやった方がいいんですが、トレード全体の精度も底上げした方が感覚がつかみやすくなりますよ

というのも、1回のトレードをするのにエントリーのタイミングだけでなく、いろんなことをケアしなければなりません。

  • 損益率の計算
  • 利益確定と損切りポイントの決定
  • ファンダメンタルズ分析
  • リスクコントロール
  • メンタルコントロール
吹き出し画像
たかはし
意外とやることいっぱいありますね
吹き出し画像
みつしろ
こういう面倒なことを、当たり前にできるようになった方が良いんですよ

せっかくエントリーポイントだけ完璧に覚えても、その他の要素でモタモタしていたらタイミングを逃してしまいますよね。

極端な話、自動車学校で免許を取るときに「発進」限定でめちゃくちゃ上手になったとしても、交通ルールとか道路標識が全然分からなくてブレーキのかけ方も分からなかったらどうでしょうか?

得意な発進の時も「この後大丈夫かな」「どうするんだっけ」と気になって脳内の作業メモリーを消費しますから、ベストな状態で発進の動作を行うことができません。

だから、エントリーに集中して練習しながら、他の要素もおろそかにせず、1個ずつセオリーを確認しながらやって行きましょう!

吹き出し画像
ピヨ太郎
やるぜ〜!やったるぜ〜!!

基礎知識があやふやで原理原則をわかっていない人は、もう一度おさらいしておきましょう。

FX入門|これだけは押さえておきたい、初心者のための基本知識

2019年9月9日

テクニカル分析についてはこちら。

チャ-ト

テクニカル分析とは?FXのテクニカル分析の極意から注意点まで徹底解説

2017年11月17日

もしもエントリーが怖くなったら

と、ここまで勝てるエントリーポイントの条件と練習方法をお伝えしてきましたが、中には「何回も損切りして、エントリーするのが怖くなってしまった」という人もいるかもしれません。

予想が外れて損切りが続くと、「もしかしたら、この手法は間違ってるのでは」と疑念が湧いてきたり、「また損切りになったらどうしよう」と不安になったりもしますよね。

吹き出し画像
ピヨ太郎
また逆行してロスカットしてしまった!ワイにはトレードの才能がないんか!?

そんな時は、一旦リアルトレードはお休みして、デモトレードで感覚を取り戻しましょう!

人は、お金が絡むと「損をしたくない」「もっと儲けられたはずなのに」と、どうしても感情を揺さぶられてしまいます。

負けた分を取り戻したい!と再エントリーする「リベンジ・トレード」は一番やってはいけないやつで、感情に任せてタイミングでないところでエントリーし、ますます負けを大きくしてしまうんですね。

FX初心者がやらかした失敗談5連発【増やした資金をゼロにする】

2019年9月10日

なので、リアルのお金が絡まないデモトレードでもう1回、練習し直して、正しいエントリーの感覚と一緒に自信も積み上げていきましょう。

全部を失って1からやり直すといえば、松本大洋の卓球漫画『ピンポン』には、こんなシーンがあります。

天才少年の名前をほしいままにしていた主人公ペコは、ライバルに次々追い抜かされて自信を喪失し、グレて卓球から離れていました。

しかし、そのライバルから「お前は俺のヒーローだ」と説得され、コーチのオババの元に戻ってきて、こう言います。

オババ、もう一度ラケットの握り方から教えてくれ

それまでの自己流の間違ったやり方を全部捨てて、基礎の基礎からやり直す決意をしたのです。

漫画なのでその後めっちゃ強くなっていくんですけど(笑)。

もしも感覚がズレたままだったら、いくらテクニックを新しく積み重ねても超えられない壁があったんですね。

1からやり直したからこそ、勝てる感覚を身につけて1つ高い次元に行けたわけです。

吹き出し画像
ピヨ太郎
みつしろさん、もう一度FXの勝ち方から教えてくれ
吹き出し画像
みつしろ
なんかスタート地点が違くないか?
FXの勝ち方

FXで勝ち方がわからない人へ、超シンプルな勝ち方教えます

2019年9月5日

FXのエントリーポイントまとめ

では、最後にまとめです!

FX初心者がエントリーポイントがわからなくなる理由は「ブレイク後の第1波を予想して狙いに行ってしまうから」。

ブレイクのタイミングをピンポイントで当てに行くのは本当に難しい、というかプロのトレーダーでも無理です!

サポート、レジスタンスのラインを抜けてブレイクした第1波に乗るのは一つの手法ではありますが、騙しや戻しの危険があり勝率も低めなので、おおすすめはできません。

常勝トレーダーはどうしているかと言うと、トレンド発生から1回目の戻し、押し目の後の「第2波」を狙ってエントリーしています。

勝てるエントリーポイントの条件は…

  • 第2波(3点目)に乗る
  • ボリンジャーバンドのミドルと重なっている
  • 「売り」である

の3つです。

感覚をつかめるまでは、デモトレードでひたすらエントリーの練習をしよう!

エントリーポイント以外のトレード全体の底上げを図ることも大事です。

今がどんなにスランプで、どこでエントリーして良いかわからなくなっていても、基礎の基礎からやり直して正しい感覚をつかめば、必ず今よりも1段高いところの景色が見えるようになります!

吹き出し画像
ピヨ太郎
おう!やったるピヨ〜!

FXで勝ち続ける次世代トレーディングの極意を知りたくありませんか?【豪華プレゼント付き】

メルマガでは、今回ご紹介したエントリーポイントの探し方やコツについて、ブログでは書けないような更に深い内容を、様々な事例を取り上げながらご紹介しています!

今なら、FXで勝ち続けるためのメンタルと手法を学べる、電子書籍と講義もプレゼントしています!

ボクはFXトレードを通じて、人生に本当に大切な実力を磨き上げ、世の中を良くしていく仲間を増やしていきたいと思っています。

仲間づくりのために、メルマガでは質問なども受け付けていますので、ボクに直接ホットラインで質問できるようになります!
メルマガやここの記事で取り上げて、解説できることもあるかもしれませんので、ぜひ質問や感想も送ってくださいね!

↓↓↓こちらのバナーをクリックしてご登録ください!↓↓↓

電子書籍プレゼント 人気ブログランキング参加しています!
良ければ下リンクをポチッとお願いします!


為替・FXランキング

1984年生まれ。埼玉県出身。大学卒業後、証券会社、ヘッジファンドを渡り歩きながら、トレーダーとして、毎月400万以上の安定的な利益を出し続ける。2012年にトレードの情報発信を開始し、起業し、年収1億円を達成。その後、最高の仲間たちと出会い、一緒に飲食店のプロデュース、映画作り、コミュニティ運営、トレード指導、妻と娘との自由な時間など、忙しくも充実した毎日を送っている。数々のトレーダーを生み出したことをきっかけに、YouTubeでも発信をはじめ、たった数ヶ月で約4万人のチャンネル登録をされ、数百人の前でセミナーをすることも。ただ稼ぐだけでなく、FXトレーダーが真に充実して幸福な人生を送るために必要なことを、多くの人に伝える活動をして、プロトレーダー育成に力を入れている。

Pocket