FXのレバレッジの意味や仕組みとは?最大限活用する方法をご紹介

FXの基礎知識
Pocket

どうも!FXトレーダーのみつしろです。

今回は「FXのレバレッジの意味とは?レバレッジの仕組みを最大限活用する方法」というテーマでお話していきたいと思います。

吹き出し画像
あゆみん
FXの入門書を読んでると「レバレッジ」という言葉が出てくるんですが、あれは何なんですかね?

レバレッジについての質問ですね。

これからFXを始めたいんだったら、FX特有の仕組みである「レバレッジ」について学ぶことは避けては通れないことです。

レバレッジを活用することで、自分の資金の何倍もの金額を扱うことができるという魅力がある一方で、逆に危険な側面もあるので、そこは実際にトレードを始める前に押さえておきたいところですね。

なので、今回は

  • レバレッジとは何か?
  • レバレッジの金銭的なリスク
  • レバレッジの扱い方に注意しないといけない理由
  • FX初心者にオススメのレバレッジ活用法

などを中心に

トレード歴10年で9年間負けなしのFXトレーダーのみつしろがお話していきます。

では、早速始めていきましょう!

1.FXのレバレッジの意味と仕組み

吹き出し画像
あゆみん
まずレバレッジって何なのかを簡単に教えてください!
吹き出し画像
みつしろ
わかりました!まずは「レバレッジとは」というテーマでお話していきますね。

1-1.FXのレバレッジの意味

レバレッジというのは、一言でいうと「自分が投資したお金の何倍もの大きな金額を動かせる」というFX独特の仕組みのことです。

例えば、FXをするために1万円の口座を入金したとします。

通常は取引するとしたら、その自分が入金した1万円の範囲で取引することになります。

じゃあ、仮に、1ドル=100円の時に、その1万円でドルを買ったとします(日本円をドルと交換する)。

100円で1ドルを両替できる

じゃあ、この時は100円で1ドルを両替できるので、100ドルを買うことができます。

その翌日に通貨の交換レートが「1ドル=200円」に変わりました。

自分の持っている1ドルを200円に交換できるということですね。

1ドルで200円を両替できる

じゃあ、この時に今自分が持っている100ドルを日本円に変えると「2万円」になります。

プラス1万円の利益ですね。

通常であれば、これが普通なんですけど、これをレバレッジを使えば、どうなるのかというと、1万円しか入金していないのに、例えば、その10倍の「10万円」の金額を動かせるということです。

これさっきは「1ドル=100円」から「1ドル=200円」という値動きでプラス1万円になったわけなんですが、レバレッジを使って、10倍の金額を動かせるようになると…

吹き出し画像
あゆみん
利益も10倍ってことですか?じゃあ、10万円ですか!?

そうなんですよ。利益も10倍だから10万円になるわけです。

自分がもともと投入した資金は1万円なのに、10万円の金額を動かせてしまうというこれがレバレッジの効力ですね。

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
レバレッジとは「自分が投資したお金の何倍もの大きな金額を動かせる」FX特有の仕組みである!

1-2.FXのレバレッジを使って損失が出るとどうなる?

吹き出し画像
あゆみん
でも、これレバレッジを使って負けたら大変なことになるんじゃないですか…?

確かに理論上は負けたら大変なことになりそうですよね。

さっきの例で言うと、プラス10万円だったのがマイナス10万円になるから、もともと入金してたのは1万円なので、9万の借金になるんじゃないかってなりますよね。

でも、実際はそうはなりません。

最大でも自分が入金した1万円を失うだけです。

理屈はすごいシンプルです。値動きを見れば一目瞭然です。

10万円をFXのトレードに使うと「1ドル=100円」が「1ドル=99円」に下がるだけで、まず1000円の損失が出ます。

つまり、1円下がるだけで1000円の損失ですね。

と、なると、こういう風に損失が出てきます。

1ドル=100円が90円に下がるグラフ

このグラフから見てもわかるように、5円下がった「1ドル=95円」の頃には、最初に入金した1万円のうちの5000円がなくなり、10円下がった「1ドル=90円」の頃には、入金した1万円は跡形もなく消えてしまうのです。

この時点で、取引は停止して、借金を背負うという形にはなりません。

最悪でも最初に入金した1万円がなくなるだけです。

そして、さらにいうのであれば、この最初に入金した1万円が0になることもほとんどありません。

というのも、「1ドル=95円」となって残り5000円しかない段階で、FX業者から「今のレバレッジ維持するためには追加で5000円の入金が必要です」という通知が来るからです。

これを無視すると、業者の方から取引を強制的に停止(ロスカット)してくれるので、5000円より減るということはありません。

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
レバレッジを効かせて負けたとしても、借金を背負うことはない。入金したお金がなくなる前に強制的に取引は終わる!

1-3.FXのレバレッジの幅

吹き出し画像
あゆみん
レバレッジを使って、負けても0以下にはならないんだったら、100倍とか1000倍とかけたらいいと思うんですけど、それは出来ないんですか?

そこまでのレバレッジをかけることはできないんですよ。

昔は100倍とか、200倍とかは全然普通にあった時代があったんですけど、今ではレバレッジの上限は25倍までということがの法律で決まっています。

要はレバレッジが規制されていったわけですね。

これはなぜかというと、万が一のことが起きた時のリスクを考えてのことなんです。

例えば、10万円を使って考えてみましょう。

この10万円をレバレッジ1000倍効かせて、1億円使えるようにするとします。

通貨レートを「1ドル=100円」として、日本円とドルを交換すると、100万ドルを手に入れることができます。

100円で1ドルを両替できる

じゃあ、この時に通貨の交換レートが「1ドル=100円」から「1ドル=101円」に値上がりしたとします。

これ1円動くだけで、どうなるのかというと、100万円の儲けになるんですね。

吹き出し画像
あゆみん
凄いですね!1円の値動きだけで100万円も儲かるんですね。

でも、これ利益が出ていればいいんですが、例えば「1ドル=99円」になった時には100万円の損失になるわけです。

吹き出し画像
あゆみん
でも、その場合は業者の方から強制的に取引を停止されるから、大丈夫じゃないんですかね?最初に入金した10万円を失うだけでしょう?

それがそうとも限らないんですよね。

夜中に一気に数円動いた時には、その対応が間に合わないってこともあり得るんですよね。

大地震が来た時とかそうですね。

日本国内でも、大地震が起きて、たった数日間で7円も値動きしたことがあるんですよね。

そうなったときに、自分が入金したお金以上の大きなお金を失うことも万が一を想定しておいた方がいいし、国としても高いレバレッジでお金を失ってしまう人がいては困るわけです。

だから、規制が入ったっていうのがあります。

10万円で1000倍のレバレッジを利かせれば、損失はこういう具合になります。

  • 99円:-100万円
  • 98円:-200万円
  • 97円:-300万円
  • 96円:-400万円
  • 95円:-500万円
  • 94円:-600万円
  • 93円:-700万円

数日で700万円失うこともあり得るわけですね。

実際に地震による急激な市場変動で、とある証券会社が撤退することになったという事例があります。

レバレッジをかけていたお客さんが損失を払えなくなってしまったんですね。

FXなどのトレードの世界は基本的にゼロサムの構造をとっています。

つまり、損失を出している人がいれば、一方で、利益を出しているという構造ですね。

1億円の損失があれば、反対に1億円の利益が上がっているということです。

だから、地震が起ころうが、取引は必ず成立させないといけないわけなので、お客さんの損失を証券会社が負担するってことになったんですが、レバレッジが大きすぎて、払えなくて、撤退してしまったんです。

地球で生きてるわけですから、ずっと何もなく平穏にトレードができるという保証はどこにもありません。

だからレバレッジには、規制がどんどんかかっていったということですね。

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
トレードの世界では万が一のことがある。そのためにレバレッジに上限がかけられた

2.FXのレバレッジとの向き合い方

吹き出し画像
あゆみん
レバレッジの魅力も怖さもわかった気がするんですが、FX初心者の人への注意点ってありますかね?
吹き出し画像
みつしろ
確かにレバレッジは扱い方を間違えると危険な面もあるので、そこについて解説していきましょう。

2-1.FXのレバレッジと感情の関係性

なぜ、FXのレバレッジは、初心者の人ほど注意して扱わないといけないのかというと、それは人間が抱く「感情」が密接に関わっているからです。

例えば、あゆみんが、さっきの例のように10万円を入金して、1000倍のレバレッジをかけて、一気に稼ごうとします。

この状態であれば「1ドル=100円」が「1ドル=101円」になるだけでも、100万円を稼ぐことができます。

そして、実際に一夜にして「1ドル=100円」から「1ドル=101円」になりました。

じゃあ、この時、どういう気持ちになりますか?

一夜にして、100万円儲けたわけです。

吹き出し画像
あゆみん
めちゃくちゃ嬉しいですね!一夜で100万円ですからね!

普通、そんな感じで有頂天になりますよね。

じゃあ逆に99円に、マイナス100万円になったらどうしますか?

仮に本当に100万円が一夜にしてなくなるとして。

吹き出し画像
あゆみん
もう、呆然としちゃいますかね。それかめちゃくちゃ悔しがるか…

そうですね。そういう反応になると思います。笑

これ、感情の起伏が自分で激しくなってるのってわかりますか?100万円儲かったらわぁ〜っと喜んで、100万円損したらガクッと落ち込んで。

これがもし、100円の利益と100円の損失だったら、そこまで喜びもしないし、落ち込んだりもしないんですが、レバレッジを効かせて、扱う金額が大きくなると、感情の振れ幅が余計に大きくなってしまうんですよね。

人は感情を大量に消費すると、エネルギーが下がります

僕も最初に入社した会社では、全然トレードで勝てなくて、負け続けてたんですよね。

一日の間に負けるたびに何度もガクッと落ち込んでたんです。

じゃあ、どうなるのかというと、家に帰ったら電池が切れたように布団に倒れ込んで寝てたんですよね。

仕事は夜からだったので、朝方帰ってきて倒れるように寝て、ハッて起きたらもう夕方になってるから、急いで支度して家を出てという繰り返しでした。

このように、人はエネルギーが下がると、冷静な判断が出来なくなります。

その後、僕はすぐに1社目をクビになっているんですが、その最大の理由は「損失が出たのにバックれたから」です。

もうね。損失を見なかったことにして家に帰っちゃったんですよね。

ごく普通の常識を持った一社会人だったら、冷静な状態だったらバックレたらやばいなってわかるはずなんです。

でも完全に感情が乱れてて、エネルギーが切れていたので、バックレたら明日どうなっちゃうんだろうっていう判断がそもそもできなかったんですね。

ポイントなのは、そんな感情が乱れて、エネルギーが切れて、冷静な判断が出来なくなってる状態で、FXやってもまず勝てないということです。

FXはさっきも言ったように、誰かが負ければ、誰かが勝つという構造の世界なわけです。

そんな中で、冷静さを失っていれば、自分が負ける側に行くのは目に見えてますよね?

FXのレバレッジは、自分の扱う金額を増幅させてくれます。

でも、初心者の人が注意しないといけないのは、その分、自分の感情の振れ幅も増幅されて、エネルギーが切れやすくなるということなんですね。

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
レバレッジは自分の資金を増幅させるだけではなく、感情も増幅させる。感情が大量に消費されれば、エネルギーが下がり、冷静な判断力がなくなるので注意しよう!

2-2.FX初心者はレバレッジをどう扱えばいいのか?

人は感情を大量に消費して、エネルギーが切れてしまえば、冷静な判断ができなくなってしまいます。

この状態では、FXでは絶対に勝てません。

理想なのは、勝っても負けても、感情が乱されず、常にリラックスしてトレードができているという状態を作り出すことです。

だから、FX初心者の人は最初から大きなレバレッジをかけてトレードするというのはダメなんですね。

絶対に感情が大きく乱されるので。

初心者の人は、レバレッジを最低のレベルまで下げて、その上で実際にトレードの経験値を積むのが重要です。

FX初心者のほとんどの人は、最初から「どれだけの金額を稼ぐことができるのか」を意識しがちなんですよね。

トレードの経験も少なく、最初から金額を意識してしまえば、感情の奴隷になって、完全にドツボにはまります。

正直、最初は「稼ぐ金額」なんてのはどうでもいいです。

それよりも重要なのは、継続的に必ず、利益になる売買の型を身につけるのが大切です。

仮にプラス100円でも1000円でも継続的にプラスになることが大切です。

で、1番少ないレバレッジでまず「継続的に勝てる型」を作ってから、レバレッジを上げていけばいいんです。

継続的にプラスが出てるんだから、レバレッジを上げたら収益も大きくなるだけの話なんです。

1円動くだけで100万円が儲かったり、100万円を失ったりすれば、人は冷静じゃいれませんが、それが100円だったら冷静でいられるもんです。

そういう冷静なときに人は学習できるので、その状態で正しい型を確認していくのが大事です。

FXはちゃんと練習して基礎的なスキルを身につけていくことで、継続的に勝つ可能性を高めることはできます。

FXで勝つためには、値動きを予測できれば良いわけですね。

例えば、この後、「1ドル=100円」が上がるのか、下がるのかを予測できていれば、どっちに動いても利益を出すことができるのがFXです(詳しくは「FXの仕組みを図解で解説」を参考に)。

吹き出し画像
あゆみん
でも、値動きはランダムじゃないんですか?完全に予測することは難しそうなんですが…

実は値動きは完全にランダムな部分もあるんですけど、ランダムではない部分もあるんですよ。

分かりやすくいうと、値動きにはストーリーのパターンがあるんですね。

例を1つ挙げましょう。

日本の隣には北朝鮮っていう国がありますね。

例えば、北朝鮮がミサイルを日本に飛ばすという話や、アメリカと戦争になるという話がニュースに頻繁に出るとします。

そのニュースを見て、多くの人が「本当にそれミサイル打ってくるかも」「戦争になるかも」と思うと、世の中で不安がどんどん増幅していったとします。

じゃあ、どうなるのかというと、通貨の値動きが急激に激しくなります。

でも、実際はミサイルは日本に着弾していないし、アメリカと北朝鮮の間で戦争も起きていないにも関わらず、マーケットでは激しい動きが出るんですね。

マーケットは、先に情報をどんどん折り込んでいくんですね。

ホラー映画とかで、よく幽霊が出そうで出ないシーンあるじゃないですか。

ここの道の角を曲がったら、絶対に何か出て来るぞって皆が思うようなシーンで、曲がったら何もいないというような。

実際にはそういう現象は起こってないんだけど、その前に過剰に反応するわけです。

その後、本当にミサイルを打った時ってどうなると思いますか?

吹き出し画像
あゆみん
値動きは更に激しくなりそうですよね?

って思うでしょ?逆なんですよ。実は落ち着いていくんですよね。

というのも、「ミサイル打つだろうなぁ」っていうのを既に皆が思ってたから、本当に打ったら安心するんですよね。

そういうストーリーのパターンがFXには複数あるんですね。

FXでは、そういうストーリーのパターンを押さえていくことで、値動きの流れが掴めてくるようになるんですね

そのストーリーのパターンを冷静な状態で見ることで、値動きの流れをキャッチできるというわけです。

この流れを捉える力をつけるのがまず、FX初心者の人にとっては重要なんですね。

それを冷静な状態で、見つけられると、継続的に勝てるようになります。

だから、最初からレバレッジを上げるのは初心者の人にはオススメしないんですね。

まずはレバレッジを上げずに冷静な状態でリラックスした状態で流れをつかめるようになって、少しずつプラスを出せるようになってからレバレッジを上げていって、収益の金額を上げていくことが上達の近道です。

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
FX初心者は最初からレバレッジを上げすぎずに、まずは流れを確実に捉えられるようになろう!

3.FXのレバレッジまとめ

吹き出し画像
みつしろ
では、最後に今回のまとめをしておきましょう!

今回は、レバレッジについて解説していきました。

レバレッジとは「自分が投資したお金の何倍もの大きな金額を動かせる」というFX独特の仕組みのことです。

自分が実際に投下した資金の何倍もの金額を動かせるので、その分、大きな利益を稼ぎ出すこともできる上に、損失を出したとしても、自分が投下した資金以上を失うことはないということをお話しました。

そんな大きなリタ-ンを期待できる魅力のあるレバレッジですが、これはFX初心者の人は扱い方を注意しないといけません。

FXはお金が非常に密接に絡んでいる分、感情が動きやすいという性質を持っています。

大きな金額を瞬時に稼ぎ出せば、歓喜し、興奮しますし、一気に失えば、落胆します。

大きな倍率で大きな金額を取引するほど、より一層、感情が動きます。

レバレッジは資金を増幅させるだけではなく、自分の感情をも増幅させます。

人は感情を消費すればするほど、エネルギーが切れて、冷静な判断力を失うことになります。

だから、初心者の人で重要なのは、最初からレバレッジを上げすぎずに、トレードの経験値を積み、継続的に勝てるようになることです。

継続的に勝てるようになって初めて、レバレッジの力を活用して収益を増やせばいいのです。

FXで継続的に勝てるようになることは可能です。

というのも、マーケットの値動きはランダムの部分もありながら、一定のストーリーの型もあるからです。

だから、まず初心者の人は、そのストーリーの型を冷静な状態で見つけて、確実に継続的に勝てるようになっていきましょう。

電子書籍プレゼント -->
みつしろ

1984年生まれ。埼玉県出身。大学卒業後、証券会社、自己資金運用会社を渡り歩きながら、トレーダーという一匹狼の世界でしのぎを削り、毎月安定的な利益を出し続ける。堅調な日々を手にした一方で、トレードをやりながらも、同時に、もっと人と人との関わりの中で生きたいと願い、2012年に独立起業する。その後、生涯死ぬまで人生を共にする最高の仲間たちに巡り会い、わずか1年でサラリーマンの平均年収の2倍以上の収益を毎月叩き出す驚異的なビジネスの仕組み作りに成功。そして、今では心から信頼し、助けあえるその仲間たちと一緒に、飲食店のプロデュース、お米の映画作り、コミュニティ運営、トレード指導、妻と娘との自由な時間など、忙しくも充実した毎日を送っている。

Pocket