FXで成功して幸せになる為に必要な条件とは?

成功 FXのマインドセット
Pocket

どうも!FXトレーダーのみつしろです。

今回は「FXで成功して幸せになる為に必要な条件とは?」というテーマでお話していきたいと思います。

吹き出し画像
あゆみん
みつしろさん!FXで本当の意味で成功するってどういうことだと思いますか?

今回はあゆみんから「FXで本当の意味で成功するってどういうことか?」に関する質問を貰ったので、

  • FXでの成功の定義
  • FXで長く勝ち続けてる人の3つの特徴
  • FXで成功したい人に贈る、2つの大事なポイント

などを中心に、トレード歴10年で9年間負けなしのFXトレーダーのみつしろがお話していきます。

では、早速始めていきましょう!

1.FXで成功するための2つの条件

吹き出し画像
あゆみん
FXで成功するって、どういう感じですか?
吹き出し画像
みつしろ
では、FXの成功についてお話していきますね。

FXで成功した人と聞いて多くの人が思い浮かべるのが、稼いだ金額が莫大な人だと思います。

しかし、お金だけの成功がFXにおける真の成功と僕は考えていません。

一般的にFXで莫大な金額を稼いで成功した人は

  • 主婦なのにFXで月に200万円稼いでる人
  • 1年で5万円を1000万に増やした人
  • トレード資金20万円から3億に増やした人

などが実際にいます。

そして、本当に「FXで成功する」ことがいくら稼いだかで判断されるのであればそれは成功と言えるでしょう。

しかし、実際の所はお金持ちになったからと言って、人生レベルで幸せかというとそれはまた別の話なのです。

例えば、スキャルピングをやって稼いでる人は、毎日、売買を数十回以上やって月100万ぐらい稼ぎます。

これを1、2年続けるのは耐えられるかもしれませんが、長い目で見て、50、60、70までやり続られるかどうかと言うと疑問なんですよね。

もし、やり続けることが出来たとしても、1日中チャートにかじり付いて神経すり減らす毎日が幸せなのでしょうか?

それはスキャルピングでなくて、デイトレードでもスイングトレードでも同じです。

たとえ、実際の作業して、画面に張り付いている時間が少なくても、ずっと、トレードの成績が気になっているようでは同じです。

デイトレードとスイングトレードは、スキャルピングに比べて、一回に動く金額も多いので、一回一回のトレードのストレスはかなり大きいです。

順調に勝ち続けて来ても、一回、大きく負けてしまえば、「次も前のように勝てるんだろうか」と一気に不安が襲って来ます。

なので、たとえ、大きな金額を稼いでたとしても、トレードをやり続けること自体に過度なストレスを感じるなら、人生としては微妙ですよね。

というのも、過度なストレスを溜め込んでいる分、大きな反動が来るからです。

例えば、トレーダーとして優秀な人は健康を崩していることって結構あるんです。

トレードで勝ち続けるためには、感情にぶらされず、自己規律を守る必要があります。

でも、このこと自体にストレスを感じていたら、例えば、そのストレスをドラッグや暴飲暴食で解消しようとします。

例えば、アメリカではトレーダーがドラッグをやったり、マーケットが閉まる午後3時から飲み歩くことが多いのもそのためです。

つまり、稼いでるトレーダーは、一見、人生が上手くいってるように見えますが、それ以外はボロボロという人が非常に多いです。

だからまず、「FXで成功する」ことの最初の条件は、いかにストレスなく自然体で、トレードができることだと言えます。

また、「FXで稼ぐ」と一口に言っても、

  • たまたま流れが良くて、一時的に大きく稼げた
  • 本当に実力があって勝ち続けられる

という2種類があります

本当に実力がある人もいますが、圧倒的にたまたま勝てた人のほうが多いのが現状です。

例えば、これはFXではありませんが、仮想通貨で儲けた人なんかそうですね。

あの仮想通貨がブームになった2017年は、仮想通貨を買って、放置したら誰でも儲かったんです。

特に自分の実力というよりも、たまたまその時のブームに乗れたからという理由で勝てたんです。

そういう「運良く勝てた」人が大半だと思います。

でも、そういう人は、流れが変わってしまったら、稼げません。

勝てたのは実力ではなく、流れが良かっただけなので。

こういう人は、一時期すごく調子よく勝てたとしても、そのあと消えていく運命にあります。

FXは当然ですが、長く勝ち続けることが重要です。

一時的に大きな金額を稼げたとしても続けられなかったら意味ないですからね。

なので、

  • 長く勝ち続けること
  •  ストレスを感じずに自然体でやり続ける事

この二つがもしできたら、僕はトレードで成功してると言っていいと思います。

1億稼いだ、5万円を1000万円にしたということが必ずしも成功とは言えるかどうかというと、全く違う事になります。

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
稼いだ金額の大きさが成功ではなく、いかに安定してストレスなく稼ぎ続けられるかがポイント

2.FXで成功する人の3つの特徴

吹き出し画像
あゆみん
FXで成功できる人ってどんな人なのでしょうか?
吹き出し画像
みつしろ
では、次にFXで成功できる人の特徴をお教えしましょう。

2-1.FXで成功できる人の特徴その1:感謝の気持ちを常に持つ

1つ目のFXで成功できる人の特徴は「感謝の気持ちを常に持つ」です。

この感謝の気持ちがあると、結果に期待しないので、感情がぶれることがなくなり、常に冷静でいられます。

例えば、100万円と予想してた利益が、自分のミスで結果的に3万円になったとします。

普通であれば、「たった3万円か」「絶対にこの97万円は、次のトレードで取り返してやる」と思って、次に変なトレードをしようとします。

こういう人は、執着があるので、確実に勝てません。

例えば、冷静に考えたら、絶対にエントリーしてはいけないタイミングでも、「なんか勝てそうな気がする」と根拠なくエントリーして負けるんです。

そこで感謝の気持ちがあれば、たとえ3万円でも、「有難い」と受け取ることができるので、感情の波風が立たず、常に冷静で穏やかでいれるんですね。

こういう人は、たとえ、負けたとしても、「自分がズレていることを教えてくれてありがとう」と思えるので、次から、今回のミスを冷静に修正することができるんです。

感情のブレがなくなれば、常に自分が設定した、トレードでやるべき行動を一貫させることができるので、勝つ可能性が飛躍的に高まるんですね。

「たった3万円か」と思うのは、自己中心的な考え方です。

相場というものは、自分ではコントロールできないものですし、それをそもそも自分の思い通りにさせようとする考え方が間違ってます。

重要なのは、「足るを知る」ことです。

つまり、欲張り過ぎずに、「自分はもう十分満ち足りてる」と思うことです。

そうすれば、いつでも感情をフラットに保つことができます。

「満ち足りてない」と思うからこそ、それを満たそうとし、無理をして普段やらないことをやって負けてしまうのです。

結果的に常に感謝の気持ちを持ってる人は結果に心が囚われないので冷静な自分のままでトレードできます。

なので、感謝の気持ちを持っている人は長く勝ち続けているトレーダーの共通する要素になっていますね。

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
感謝の気持ちを持ってる人はどんな結果が来てもありがたく受け取れるので常に冷静なトレードをして勝ち続けられる。

2-2.FXで成功できる人の特徴その2:誰も見てなくても手を抜かない人

2つ目のFXで成功できる人の特徴は「誰も見てなくても手を抜かない」です。

「誰も見てなくても手を抜かない」というのは、一言で言うなら、どんな時でも自分の行動が一貫して変わらないということです。

トレードでは、この一貫性が非常に重要です。

勝っている時であろうが、負けている時であろうが、常に自分が守るべき一線を守り、行動を一貫させなければ、勝てません。

勝ってる時は自分が守るべきトレードルールは守るけど、負けてる時にそれを守らないなんてことをすれば必ず負けます。

「損失を確定させたくない」から、損切りすべきポイントで損切りしないということをやってしまうんです。

トレードでこういう一貫性を保つことができるかどうかは、自分の日常生活から問われます。

例えば、一人の時の行動を他人に見せることができますか?

大抵の人は見せれないと思います。

なぜかというと、表で見せている自分と、裏で見せている自分が違うからです。

例えば、職場では、人当たりがとても良くて、誰の悪口も言わない優しい人が、裏では、人の悪口をボロクソ言ってしまうというような場合とかそうですね。

こういう人は、常に表の顔でいれば、勝てますが、場面が変わった時に、裏の顔が出てしまって負けてしまいます。

だから、表だろうが、裏だろうが、日常生活で行動を一貫させていく必要があります。

例えば、人前で椅子に座ってる時は姿勢が良いのに、家で椅子に座る時は姿勢が悪い人は常に姿勢を良くするよう心掛けるとか。

日常からどんな状態でも一貫してる自分を作っていくことを心掛け、自己規律を守る訓練をしておくことが大事です。

自己規律を守る訓練として簡単なことは、「夜中にお菓子を食べないこと」から始めてみるのも良いです。

健康のために、夜中にお菓子を食べないと決めたら、絶対に食べないようにする。

これも自己規律なので、こういった簡単な自己規律の訓練から始めることをおすすめします。

とにかく、トレードで勝ち続けるために大事なのは、私生活とトレードを分離させないということですね。

トレードは自分と相場だけの世界なので、一人でいる時にしか見せない、悪い癖がどうしても出てしまうのです。

なので、誰も見てなくても手を抜かず、常に行動が一貫してることが、長く勝ち続けているトレーダーの共通する要素になります。

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
トレードで勝ち続けるには他者の前で自分を取り繕ったりせず、自分の行動に一貫性を持たせることが大事。

2-3.FXで成功できる人の特徴その3:どんなことにも執着しない人

3つ目のFXで成功できる人の特徴は「どんなことにも執着していない」です。

執着で一番、顕著に現れるのが「お金」です。

例えば、FXを頑張って、3000万円稼いだとしましょう。

これだけ稼いでしまったら「この3000万円は絶対に失くしたくない!もっと増やしたい!」と思うのが普通なんですけど、これが執着です。

執着は、人の判断を狂わせます。

例えば、このお金を失いたくないあまりに、損切りの判断を遅らせたり、利益を過剰に増やそうとして、無茶なトレードをしようとしたりします。

こういう人はFXで勝っていくことができません。

逆に執着がない人は、本当に勝つことができます。

例えば、通称「ジェイコム男」と呼ばれているトレーダーがいます。

「ジェイコム男」は、個人が相場で稼いだ利益としては最高の20億円を稼いだ人物です。

今では、資産が200億円にまで膨れあがっています。

ジェイコム株の大量誤発注事件で、個人が相場で稼いだ利益としては最高額の20億円、今では資産が200億円稼いだのでそう呼ばれるようになったのです。

この人は、インタビューで「お金には興味ない」「別にお金が稼ぎたくてやってるわけではない」と答えてます。

この様に本当にお金に執着がない人にしか200億という莫大な金額は稼げません。

というのも、お金に執着があるなら、1回の売買で、数億勝って、数億負けるトレードを繰り返すことに耐えられないからです。

ただ、執着がゼロがいいかというと、そうでもありません。

例えば、人間関係で言えば、執着ゼロだと、誰とも深い関係性にはなれないでしょう。

結婚しても、子どもができても、そこに対して何も執着がなければ、無茶苦茶やってしまうことだってあります。

これが必ずしも人生レベルで幸せかと言うとそうでもありません。

だから、執着は、適度に保つ必要があります。

適度な執着は、例えば「これを守るために頑張る」という良い方向のエネルギーに転換させることだってできます。

ただ、絶対に守りたいというものが増えすぎると、執着に変わりやすいので、要はバランスが重要ということです。

もし、必要以上に執着心を感じているなら、一度全部捨ててしまうのも1つの解決法です。

全部捨てたとしても本当に必要なものはほとんどないので、日頃から整理整頓をして執着をあまり生み出さない状況を守り続けて欲しいですね。

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
お金に執着がありすぎるとトレードでは上手くいきません。大事なのはバランスなのです。

3.FXで成功したい人に贈る、みつしろからの2つのアドバイス

吹き出し画像
あゆみん
FXで成功したい人に向けて何かアドバイスをいただけますか?
吹き出し画像
みつしろ
では、最後にFXで成功するために大事な事を2つお伝えしましょう。

3-1.基本を徹底的に突き詰めていく

トレードで成功したいのであれば、損切り、利食い、エントリーなどの基本を徹底的に突き詰める事が重要です。

徹底的に突き詰めるには、損切りや利食いやエントリーを知識として知るだけでは不十分です。

知識として知ってるのと、実際にその通りにやれるのとは、別次元の問題だからです。

何事もそうですが、覚えるのは簡単で、実践は中々うまくいかないものです。

だから、まずは、知識として知った基本のものは、徹底的に実践を繰り返していきましょう。

基本を数千回反復して感覚にまで落とし込めて、初めて、本番でも力を発揮できるのです。

また、これはトレードに限らず、スポーツで上達する過程でも同じと言えます。

例えば、キックボクシングの場合、ミドルキック、ローキックが基本中の基本です。

基本を極めた選手は、むちゃくちゃ強いです。

例えば、中段蹴り1個だけで相手をねじ伏せることができたりします。

トレードで重要なのは、色んなテクニックや知識やチャートパターンを知っていることではありません。

それよりも、たった一つでいいので、自分の勝ちパターンを習得することの方が重要です。

勝ちパターンとは、自分の予測が50%以上の確率で当たるようなものですね。

これは人それぞれ、どのチャートパターンが当てはまるのかは違います。

この勝ちパターンが感覚でわかるためには、実践で同じ場面を、何回も何回も繰り返し売買する必要があります。

実践だけで感覚を掴むには時間が必要なので、並行して「Forex Tester」というシュミレーションソフトを使って反復練習することが大事になってきます。

一つのパターンに絞って、エントリー、ロスカット、利食い、それぞれのタイミングを何回も繰り返すことによって、感覚として掴めるようになります。

本当の実力というのは、一朝一夕で頑張ったからと言って身につくものではありません。

コツコツ地味なトレーニングを続けていくと、気づいたらかなりのレベルになってる事が大事です。

こういった言語化できない領域の感覚を習得するのがポイントです。

なので、トレードで成功するには同じパターンを死ぬほど繰り返して売買の基本を徹底的に積むことが大事です。

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
トレードが上達する方法は基本を徹底的に突き詰めて、感覚にまで落とし込むことが重要

3-2.後回しにするな

そして、次のアドバイスは「後回しにするな」です。

多くの人は、何か問題が出た時に、後回しにしようとします。

そして、大抵、そうして後回しにした問題というのは大きく膨れ上がって、後々、大問題になったりします。

こういう生き方というのは、トレードに出てしまいます。

例えば、相場が下がり続けてるのに、「いつか上がるだろう」と期待してロスカットせず、損失を大きく膨らませてしまうというように。

人は何も考えず生活していると、問題を先送りにしてしまう生き物なので、そこはあえて立ち向かわないといけません。

問題を先送りにしない行動習慣を身につけるに、は簡単な事から始めることが大事です。

例えば、掃除から始めるのも良いですね。

部屋が汚れてるとわかってるのに、面倒くさくて後回しにしてるなら、汚れてると思った瞬間に掃除する。

まさに、問題を先送りしない姿勢ですね。

そうできれば、ロスカットする場面で決断を先延ばしにせず、しっかりロスカットできるようになります。

こういった、かなり地味な作業をやることが、本当に長く勝ち続けてるトレーダーが実際にやっていることです。

多くの稼げない人は、影のこうした努力を見ずに、成功した部分だけを見ようとします。

この成功の裏には、地道なこういう作業に支えられていると思って、取り組んでもらいたいですね。

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
問題を先送りしない姿勢がトレードで勝ち続けていくためには必要

4.FXで成功して幸せになる為に必要な条件まとめ

それでは今回の「FXで成功して幸せになる為に必要な条件」についてまとめましょう。

FXで成功する為には、お金だけの成功がFXにおける真の成功と僕は考えていません。

本当の意味で、FXで成功することはいかにストレスなく自然体で、トレードができることだと言えます。

毎日のトレードに神経をすり減らしたり、ストレスから暴飲暴食に走り、健康を崩してしまっては、幸せとは言えません。

また、FXで勝てる人は

  • 本当に実力があって勝った人
  • 運良く勝てた人

の2パターンいます。

本当に実力がある人もいますが、圧倒的にたまたま勝てた人のほうが多いのが現状です。

でも、そういう人は、流れが変わってしまったら、稼げません。

FXは当然ですが、長く勝ち続けることが重要です。

FXで長く勝ち続ける人には3つの特徴があります。

  • 感謝の気持ちを常に持つ
  • 誰も見てなくても手を抜かない
  • どんなことにも執着しない

1つ目の「感謝の気持ちを常に持っている人」はたとえ3万円でも、「有難い」と受け取ることができるので、感情の波風が立たず、常に冷静で穏やかでいれます。

こういう人は、常に自分が設定した、トレードでやるべき行動を一貫させることができるので、勝つ可能性が飛躍的に高まるんです。

2つ目の「誰も見てなくても手を抜かない人」はどんな時でも自分の行動が一貫して変わらないということです。

トレードで負ける人は、表で見せている自分と、裏で見せている自分が違います。

こういう人は、常に表の顔でいれば、勝てますが、場面が変わった時に、裏の顔が出てしまって負けてしまいます。

なので、日常からどんな状態でも一貫してる自分を作っていくことを心掛け、自己規律を守る訓練をしておくことが大事です。

自己規律を守る訓練としては「夜中にお菓子を食べないこと」から始めてみるのも良いです。

3つ目の「どんなことにも執着しない人」はお金に対する執着がないのでトレードも上手くいきます。

ただ、執着がゼロがいいかというと、そうでもありません。

人間関係で言えば、執着ゼロだと、誰とも深い関係性にはなれないでしょう。

例えば、結婚すると「家族を守る」という執着が生まれますが、行き過ぎなければそれは力に変わります。

絶対に守りたいというものが増えすぎると、執着に変わりやすいので、要はバランスが重要ということです。

最後にFXで成功したい人に僕から2つアドバイスを贈りましょう。

まず、1つ目は「基本を徹底的に突き詰めていく」です。

トレードで成功したいのであれば、損切り、利食い、エントリーなどの基本を徹底的に突き詰める事が重要です。

色んなテクニックや知識やチャートパターンを知っていることではないということです。

たった一つでいいので、自分の勝ちパターンの反復練習を行い、感覚を習得するのがポイントです。

2つ目は「後回しにするな」です。

多くの人は、何か問題が出た時に、後回しにしようとします。

でも、問題を後回しにすると後々、大問題になります。

相場でいうと、下がり続けてるのに、「いつか上がるだろう」と期待してロスカットせず、損失を大きく膨らませてしまうように。

なので、問題に気づいた瞬間にあえて、立ち向かわなければなりません。

この習慣を身につけるのは、トレードだけでは足りないので、簡単なことから始めることが重要です。

例えば、日常生活で「部屋の掃除をしないといけない」と感じたら即掃除する。

こうやって問題を後回しにしない習慣を徐々に身につけていくことが重要。

一見、地味に見えますが、トレードで成功するためには必ず必要なことです。

是非、今回の記事を活かして、FXトレードで成功する為の条件を満たせるようになっていただけたらと思います。

電子書籍プレゼント -->
海沼光城

1984年生まれ。埼玉県出身。大学卒業後、証券会社、自己資金運用会社を渡り歩きながら、トレーダーという一匹狼の世界でしのぎを削り、毎月安定的な利益を出し続ける。堅調な日々を手にした一方で、トレードをやりながらも、同時に、もっと人と人との関わりの中で生きたいと願い、2012年に独立起業する。その後、生涯死ぬまで人生を共にする最高の仲間たちに巡り会い、わずか1年でサラリーマンの平均年収の2倍以上の収益を毎月叩き出す驚異的なビジネスの仕組み作りに成功。そして、今では心から信頼し、助けあえるその仲間たちと一緒に、飲食店のプロデュース、お米の映画作り、コミュニティ運営、トレード指導、妻と娘との自由な時間など、忙しくも充実した毎日を送っている。

Pocket