FXの自動売買は本当に勝てるの?|FX自動売買の闇を暴く

FX自動売買 トレードスタイル

FXトレーダーのみつしろです。

この記事の最後には、ボクから「電子書籍と解説動画の無料プレゼント」をご用意しました。

この記事である程度の知識が頭に入ったら、とにかく実践することが重要です。

じゃあ、具体的にどんなことに取り組んでいけば良いのか?

その具体的な手法もこの「電子書籍と解説セミナー動画(期間限定で無料プレゼント中)」でお伝えしていますので、
ぜひ手に入れておいてくださいね。

さらに言えば、今回の記事に合わせて、
プレゼントしている電子書籍と解説動画を学べば、
より相乗効果が発揮されるようカリキュラムも組んであります。

(もちろん、どちらか一方を学ぶだけでも十分効果があることは保証します。)

なので、ぜひこの機会に一気にトレードの力を上げてもらえたらと!

すぐに欲しい! という方はこちらからどうぞ

さて、それでは本題です!

Pocket

どうも!FXトレーダーのみつしろです。

今回はFXの自動売買は本当に勝てるのか?についてお話していきたいと思います。

吹き出し画像
あゆみん
みつしろさん!FXの自動売買って本当に勝てるんですか?

今回はあゆみんから「FXの自動売買」に関する質問を貰ったので、この記事では「FXの自動売買は本当に勝てるの?」という疑問について話していこうと思います。

  • FXの自動売買ソフトだけで勝てるの?
  • FXの自動売買での一般的なメリットに対する考え方
  • 自動売買の理想と現実について
  • 自動売買を使いこなすためのトレーニング方法

などを中心に、トレード歴10年で9年間負けなしのFXトレーダーのみつしろがお話していきます。

では、早速始めていきましょう!

1.FXの自動売買ソフトだけで勝てるの?

吹き出し画像
あゆみん
FXの手法で自動売買ソフトを使う人もいますが、自動売買で本当に勝てるんですか?
吹き出し画像
みつしろ
では、FXの自動売買で勝てるのか?についてお話します。

1-1.FXの自動売買ソフトだけでは勝てない理由

FXに参入したての初心者トレ-ダ-の中には、ラクに稼ごうとして、安易な気持ちで世に出回っている自動売買ソフトに手を出してしまう人もよく見かけます。

でも、あの手の自動売買ソフトに頼って勝ち続けるだなんて大間違いなんですよ。

こんなこと、多少なりともトレ-ド経験のある人から見れば当然わかることなんですけど、まだ知識の乏しいトレ-ダ-にはなかなか判断がつかないんですよね。

そういう無知な初心者をカモにしようとする自動売買ソフトの販売者も多いですから、そこはまず注意しましょう。

例えば、「20年間負けなし!」みたいな自動売買プログラムの売り文句をネット上ではよく見かけますが、あれはもう、大体が嘘ですよ(笑)

嘘っていうか、そもそもとしてトレ-ドとして成り立たないような理由付けで「負けなし」の部分をムリヤリ作って、それを聞こえの良い謳い文句にしているだけなことが多いんですよね。

どうやって「負けなし」のプログラムを作るのかというと、例えば、過去の大暴落(リ-マンショックなど)で値動きが下がり続けている期間を作為的に排除したり、その期間のみ売買停止にしたりして、プログラムを書き換えたりしてるんですよね。

ボクもそういうソフト制作に携わっていた関係者のウラ話なんかも聞いたことがよくあるのですが、そういうことを平気でやってるんですよ(笑)

これだったら当然20年間でも30年間でもそりゃあ「負けなし」は謳えるじゃん、って話になりますよね・・・

だから、自動売買ソフトに頼り切って継続的に勝ち続けることはハナから不可能なのです。

自動売買プログラムはあくまでもデータと数字でしか相場を見ていないから、人間にしかわからない「空気感」を感じることができないんですよ。

空気感というのを言葉で説明するのは難しいんですけど、世の中の動きやニュ-スに対して抱く「ざわつき」とか「違和感」とかそういう集合意識みたいなものです。

たとえば、TVニュースでドルについての悪い情報が伝えられているのに、リアルの相場は下がらずに安定している状況があるとします。

こういう時は、市場全体の心理が「なぜか、安心してる」というような心理状態だと言えそうですよね。

でも本当は下がるはずなのに下がらないということは何かがおかしいんです。

人間がトレードしてる場合はこの相場の背景にある「違和感」を感じ取ることができますが、機械はこの微妙な感覚を感じ取ることができません。

では、この人間と機械の違いはどこから来るのでしょうか?

そもそも自動売買ソフトの未来予測は、過去のデ-タに基づいて「次はこの動きをするだろう」という予測の元にプログラムして作られています。

ソフト稼働後に過去と同じチャートパターンが来たら、事前に組み込んでおいたプログラム通りに売買を行う、というような仕組みなんですね。

でも、過去のデータと全く同じチャートパターンが来たとしても、それって厳密には過去のチャートパターンとは微妙に違うんです。

何が違うのかというと、それこそが先ほども言ったような「違和感」の部分です。

市場における人間の心理が生み出す背景はその時々で全く異なります。

ただ単純に数字やデ-タだけで組み込んだプログラムが、その時々の背景のことまで把握した上で的確な売買を行うことはどう考えても不可能なんですよ。

もし自動売買だけに頼っているとしたら、国際情勢の変化や天災などのイレギュラーな事態が起きた時に全く対応できなくなりますよね。

その時に、予想の遥か斜め上をいく値動きが起こってしまったら大損することになりかねないから、やっぱり自動売買なんかに自分の判断を全託するなんてバカげているわけですよ。

そもそもそんな自動売買ソフトを利用した人がみんな勝っちゃったとしたら、負ける人がいなくなるのでFXの構造自体が崩壊してしまいます。

FXの自動売買で稼ぐという幻想は早い段階で捨てて、コツコツと実践を積んで、自分の中の勝てるトレードルールを身につけましょう!

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
自動売買ソフトは未来に起こる想定不可能な事態まで予測できないので、負ける可能性が高まる。

1-2.FXの自動売買ソフトは勝つまでの過程を見れないから最終的に勝てない

自動売買ソフトは一度稼働したらそのまま放置したままでも利益を出し続けられると思ってる人が多いようです。

でも実際には、ソフトに任せたまま放置し続けるだなんてちょっと現実的ではないですし、最終的に勝てません。

吹き出し画像
あゆみん
なんでですか?

これはボクも経験があるんですけど、実際にソフトを稼働させると、

本当にそのプログラムがちゃんと稼働しているのか?

きちんと利益が出ているのか?

ということがどうしても気になってしまうんですよ。

吹き出し画像
あゆみん
自動売買するために使おうとしているのに、本末転倒ですね
吹き出し画像
みつしろ
そうなんですよ

仮に「ほぼ100%勝てるだろう」というプログラムを使おうと思っても、それに対して100%全幅の信頼を寄せるだなんて到底ムリですよね。

プログラムの検証結果はあくまで過去のデータから検証された確率論だし、そりゃあ当然、普通に負けることだってあります。

吹き出し画像
あゆみん
「危ないタイミングだけ自動売買を解除する」っていう使い方もあるよ!ってどこかのウサン臭いトレ-ダ-がどこかで言ってましたよ
吹き出し画像
みつしろ
そうなんですよ

FX経験の乏しい初心者の人が、危ないタイミングを自分で判断することなんてそもそもできないですよね。

それが出来るんだったら、最初から自動売買プログラムを使う必要なんてないわけですし。

自動売買ソフトはあくまで、過去のデータから導き出した「予測」からプログラミングされています。

ですが、先程も述べたようにFXは、市場に参加している人間が生み出す、リアルタイムの「空気感」も含めて判断しなければなりません。

仮に、最終的に勝つと決まってるプログラムがあったとしましょう。

実際にそのプログラムを可動させた途端、ジェットコースターのように損益が増減するプログラムだった場合、果たしてそのプログラムを本当に信用し続けることができますか?

ピヨ そんなの心臓がバクバクしてボクなら生きてる心地しなくなっちゃいますよ・・・

きっと、100人いたら99人以上は、我慢できずに途中で余計な手を出してしまって、プログラムを停止してしまうことになるはずですよ。

そのくらい、盲目的にソフトに頼り切るだなんて現実的に不可能なことなんですよ。

自動売買プログラムを使ったことがない人は、途中で怖くなって自らソフトを止めてしまう事があることがあんまり見えていない人も少なくないんですよ。

プログラム販売者も、わざとその辺には触れないようにして販売してるからある程度は仕方ないんですけどね。

だから、プログラムを稼働してるのはあくまで、「感情を持った人間」だということを理解する必要があるんです。

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
自動売買を使いこなせるトレード力がないと結局負けてしまう。

2.FXの自動売買での一般的なメリットをみつしろがぶった斬る!

吹き出し画像
あゆみん
巷で言われてる、自動売買のメリットは信用できるのですか?
吹き出し画像
みつしろ
正直言って、信用できません。その理由を3つお伝えしましょう。

2-1.一般的に言われている自動売買のメリットその1:画面に張り付く必要がなくなる

FXの自動売買のメリットとして巷でよく謳われているのが、「一度設定をすれば、自動プログラムが働くので画面に張りつく必要もなく楽にトレードができる」というようなことです。

確かに画面を見なくてもいい側面はあるかもしれませんが、その反面「常にチャート画面が気になる…」ってなるのが普通だと思います。

仮に、自動売買プログラムが100%信用できるものなら気にならないかもしれませんが、実際には信用できないという事は先程も述べたとおりです。

自動売買プログラムは過去のデータから予測されてるので、未来の「空気感」を含めた完璧なチャート予測はできないんですよ。

その上、自分で検証を重ねて作ったプログラムならまだしも、誰が作ったかわからないような信用性に欠けるプログラムだったら本当に100%信用できますか?

吹き出し画像
ピヨ太郎
できないぴよ

なので、プログラム稼働中に自らモニターを見て手を出す必要はありませんが、その反面、四六時中チャートが気になる状態を強いられてしまいます。

自動売買はその名の通り、自動で売買してくれますが、逆に考えると自分で操作できないというデメリットもあるということです。

よく社長で全部自分がやってしまって、人に任せられない人っていますよね?

だから、自動売買ソフトでマジで「チャートを見なくて済む」というメリットを享受出来るのは「南国育ちで時間の流れがすごい遅い人」ぐらいじゃないですかね。

普通だったら、気になって仕方ないんじゃないかと思います。

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
自動売買は画面に張り付かなくてよいが、常にチャートが気になるといいう代償を伴う

2-2.一般的に言われている自動売買のメリットその2:利益確定、損切りを確実にできる

他にFXの自動売買のメリットとして巷でよく謳われているのが、「FX初心者でも利益確定(利確)や損切りを一定のルールで設定すればプロのような取引ができる」というようなことです。

確かに、多くの人は、利確や損切りが上手くできないことが原因で負けてしまうことがほとんどです。

だからこのような謳い文句のソフトが売れているっていう背景もあるんですけど、だからといってそのスキルが直接勝ちに繋がるのか?というと、それとこれとは全くの別問題なんですよ。

例えば、いくらきっちり損切りが毎回できるプログラムだったとしても、きっちり損切りするタイミングで毎回負けてたら話にならないわけですよね。

要するに、負けるやり方の上で「きっちり損切りをしてくれるプログラム」を使っていても全く意味ないわけであって、それってただ、きっちり損切りするタイミングできっちり毎回損をするっていうだけなんですよ。

だから、「一定のル-ルで設定すればきっちり損切り・利確してくれます!」という謳い文句はもう、「この車はアクセルを踏んだらしっかり前に進みます!どう?このプログラムすごいでしょ?」って言ってるようなものなんですよ。

根本的に、負ける手法の上でプログラムを使ったとして、いくらきっちりプログラム通りに稼働したとしても毎回しても負けてるんだから。

これは利食いに関しても同じことですよね。

例えば毎回「10Pips(ピプス)上がったら利確する」というプログラムを設定して、実際にそのプログラム通り利確してくれたとします。

でも、仮にその状況の時にどんどん値上がりし続けていったとすればどうでしょうか。

その場合、毎回確実に設定通り利食いするけど、「放置しておけば、その10倍利益が取れました」というチャンスがを何回に1回は取り逃がしてるという事になります。

これが果たして、勝てるプログラムと言えるのかというと、そうとは言えないですよね。

だから、「確実に利確や損切りをしてくれること」がイコ-ルで勝つこととは全く関係ないということです。

そういうル-ルでプログラムを組んだらル-ル通りに稼働するのは当たり前なんだから、そんなところを前面的な売り文句にすること自体がちょっとおかしいわけです。

そういうプログラムの販売者は、その辺りのことをよく理解できていない初心者さんを狙い撃ちにして商売しているだけなんですよ。

ほとんどの初心者は損切り・利食いができなくて負けているから、そういう人に向けてそのようなフレ-ズを謳っているということなんでしょう。

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
プログラムの設定通りに利食い、損切りができてもそれが直接自動売買ソフトの売り文句にはならないということです。

2-3.自動売買のメリットその3:「プロ投資家が実際に使ってるプログラムを使える」という売り文句

他にも、FXの自動売買のメリットでよく聞くのが、「プロ投資家が使っている、結果が出てきたプログラムが使えます」というような売り文句です。

これについてはボクも色々とツッコみたい点がいくつかあるのです。

まず第一に、「なぜ、プロの投資家が積極的に勝てる手法を公開するのか?」ということを一度冷静になって考えてみてほしいんです。

そもそもFXの世界は負ける人がいるから勝つ人がいるゼロサムの世界なので、市場に存在するお金の総量が決まっています。

その全体のパイの中からトレーダーが奪い合う形がFXの世界です。

そこで、自分だけが知っているような勝ち方や方法を、わざわざそれを教える人がいるんですか?という話なんですよ。

百歩譲って、仮に現役バリバリのプロトレ-ダ-が実際に自分が使用しているプログラムを販売しているとすれば、それはもう「勝てない(使えない)プログラム」としか考えられません。

単純に自分自身の利益を下げる可能性もあるんだし、わざわざ現役のトレ-ダ-が時間を割いてまで勝てるトレ-ダ-の育成に力を入れるメリットがないわけですよ

だから、少なくともその人はすでに自分自身はトレ-ドはやっていないという可能性の方が高いんです。

というか、ボクもツ-ル関連業界の裏事情はよく知ってるし、実際にそういう販売業者ばっかりなんですよ(笑)

「これを使えば放置状態でも必ず勝てます!」というような、まるで初心者に媚を売るようなフレ-ズでプログラムを売ろうとしているんですよ?

プロのトレ-ダ-なら、そもそも「自動売買プログラムをぶん回して放置しただけで勝てるわけがない」ことなんて当然のように理解してるんですよ。

にも関わらずそんなプログラムを販売する。

強いて「購入者を勝たせるプログラム」を販売するメリットがあるとすれば、自分自身が利益を得られる場合しか考えられないですよ。

ってなると、やっぱりプログラム販売者の目的はほぼ100%「その商品を販売して儲けること」なんですよ。

言ってみれば、消費者の勝ち負けはどうでもいいっていうことです。

余程のお金持ちかお金のない人への慈善活動を本気でしたい人なら100歩譲って理解できるかも知れません。

でもそんな出来た人間がお金を悪い事に使うかもしれない人の手に届くかもしれないような方法で富の再分配をしようとするとはボクは思いません。

なので、世界中のプロ投資家が協力してプログラムを提供するって根本的におかしいんですよね。

もし、このようなデキた投資家が自分の手法を公したソフトが販売されてたとしても、大概の場合、裏があることをボクは知っています。

数多くの会社から自動売買ソフトは販売されてますが、ほとんどが同じプログラムを使って販売していたりするんですよ。

中身が80%同じで残りの20%だけ違うとかね・・・

実際にプログラムを同業他社で売り買いしてる話も聞きますし、販売会社に自動売買プログラムを卸してる会社まであるようです。

みんなが同じプログラムを使って売買したとところで、FXの構造上、全員が同じ様に勝てる世界ではないのでそのプログラムは詐欺的だと言えますよね。

なので、自動売買ソフトの販売会社は自分の利益しかぶっちゃけ考えてないということになります。

また、仮に百歩譲って、本当にプロの投資家が使っているプログラムだったとしても、FX初心者のトレ-ダ-とプロのトレーダーとでは、根本的な資金量が違います。

資金が潤沢にある場合とそうでない場合、それぞれの状況に応じた戦い方があるので、プロと初心者とでは、最初から根本的に戦い方が変わってくるんですよ。

資金量が少ない段階では、売買の回数を増やして利益を積み上げるような戦略の方が得策だし、逆に、資金量が大きくなったら、無理せずに大きな流れに乗っていく戦略の方が、より効率的に利益を出していきやすいんです。

だから、プロの投資家のように大きな資金量を持ってる人ほど、頻繁に売買しないで、損失を我慢しながら長期的に耐える戦略をとる傾向にあります。

プロからすれば、FXを始めたばかりの人みたいに小資金でいちいち1日10回20回売買しまくるスタンスを取るメリットはあまりないですからね。

というように、ちょっとでもこの辺りの事情のことを知っていれば、「プロの投資家が実際に使っているプログラムなのです!」という謳い文句がいかに不毛なものなのかが見えてきます。

巷で売られている自動売買ソフトなんかを、こういう一歩引いた目線で見てみるといいですね。

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
そもそもプロ投資家と同じ戦術で勝てるどころかできないのが真実。

3.自動売買の理想と現実 (自動売買ソフトが完璧でも負ける可能性があるという現実)

吹き出し画像
あゆみん
みつしろさんは以前、自動売買プログラムを作ったと聞いたのですが、上手くいったんですか?
吹き出し画像
みつしろ
では、次にボクが自動売買を作って検証した体験談をお話しましょう

仮にいくら完璧だと思える自動売買ソフトを使用したとしても、そのソフトを稼働させるかどうかを含めて、最終的な判断を下していくのはあくまで自分自身です。

自己判断(裁量トレ-ド)で勝てないような人が、自動売買プログラムに自身の判断を委ねたところで勝てるわけがないんですね。

そういう意味で言えば、「完全放置で自動で勝ち続けてくれる自動売買ソフト」なんてものは実質的には存在しないわけです。

結局のところ、裁量トレ-ド(手動)にせよ自動売買プログラムにせよ、勝つために必要な要素は一緒で、「自分自身で損切りや利食い、一つ一つの選択を下していく」ことです。

それができなければ勝ち続けることができません。

かつてボクもこれを痛感した経験があって、実はボク、ディーラー時代にトレンドフォローの自動売買プログラムを作ったことがあるんです。

実はかなり適当に作ったプログラムだったんですが、過去10年間のバックテストをしてみたら右肩上がりに勝っちゃったんですよ。

「このプログラムは行けるぞ!」と思って、実践に最適な銘柄の先物取引で最小単位1枚(10万通貨)で実践したんです。

(ちなみにドルの場合、10万通貨ということは1,000倍という意味。1ドル100円の場合、1,000通貨であれば1000ドル=10万円ということになります。)

で、結果はどうなったかというと…

プログラム稼働早々に、10年間に一度起こるかどうかの最大ドローダウンが起こって稼働を停止することになりました。

ちなみに、「最大ドローダウン」とは、プログラム製作段階の検証期間の中における一番大きい下落率を指します。

例えば、自動売買プログラムを使っていて、50万円の利益が出たとします。

そのあとプラス50万からマイナス50万まで下落した場合、この場合のドローダウンは100万。

これが仮に10年の間で検証した中で最大だった場合、プラス50からマイナス50なんで、最大ドローダウンはマイナス100万円ということになります。

ボクが作ったこのプログラムの場合で運用するなら、最低100万円の資金が必要ですよということがバックテストでわかります。

そして、ボクがこのプログラムを作った時、検証結果から推測された最大ドローダウンが起こる確率は、およそ10年に一回と検証結果が出ました。

それでも、ボクのプログラムは基本的には最大ドローダウンが滅多に起こらない検証結果だったので余裕だと思って実際に稼働してみたんです。

そしたら、実践直後、順調に4000ドルまで上がって、そのあと反転してずるずる下がっていって結局マイナス4000ドルまでいきました。

その状況でも、ボクのプログラムはまだ損切りのサインを出さなかったんです。

この結果から実践してわかったのは「これは普通の人間には耐えれない」ということです。

ズルズルと価格が下がり続けているこの環境を、プログラムのサインが出るまで耐え続ける。

これは凡人の精神力では到底ムリだということがわかって、結局稼働をストップしてしまいました。

このように、いくら入念にテストして完璧に組んだプログラムだったとしても、現実的にその理想のプログラム通りに勝てるとは限りません。

検証結果で確率的に1%しか起きないことが稼働初日に起こる可能性だって全然ありえるわけですから。

結局のところ、プログラムを稼働させているのはあくまで人間ということを忘れてはいけないということなんですよ。

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
理想的な自動売買ソフトであっても確率論という壁は越えられない。

4.自動売買は勝てるトレーダーにならないと使いこなすことが出来ない。

吹き出し画像
あゆみん
じゃあ、自動売買は全く使えないということなんですか?
吹き出し画像
みつしろ
そうではありません。次にもし仮に自動売買ソフトを使うんだったらどんな考え方で使えばよいかをお伝えしましょう

自動売買ソフトを仮に使うなら、勝っているトレーダーの感覚を知ってから!

自動売買ソフトを使うにせよそうでないにせよ、結局のところ勝敗は自分自身の判断によって決まってきます。

仮に自動売買ソフトを使いこなすにしても、きちんと自分自身で自己判断できる実力を身につけていかなくけはならないわけです。

あくまで裁量売買のみで勝ち続ける実力を身につけることが最も重要だとボクは思っていますが、もしも自動売買を使うならここまでのトレード力を身に付けておきましょう!

というレベルがあるので、その話をしておきますね。

まず、自動売買ソフトを使いこなせる人間になりたいなら、トレ-ドにおける「勝てる感覚」をインストールする必要があります。

「勝てる感覚」さえ自分の身に染み付いていけば、仮に自動売買ソフトを稼働するにしても「どこでON・OFFするのか?」その判断ができるようになるからです。

このような感覚や思考法が掴めた時にはじめて、自動売買と手動(裁量)売買を組み合わせて勝つことができるかな~とボクは思いますよ。

会話 みつしろさんが勝てる感覚を身に付けるために今までやってきた効果的な練習方法って何かあったんですか?

ボクの場合は、「この人すごいな-」と思うトレ-ダ-の人と、全く同じトレ-ドをしてみるという練習をしていた期間がありました。

これは、「勝てる感覚」をインストールするためにはかなり効果的な練習ですよ。

ある時、YouTubeにトレード動画を上げてるロシア人に、メッセージを送って一緒にトレードするチャンスを得たんですよ。

このロシアの人は1日にきっちり3000~4000ユーロ(日本円で1日40~50万円)ぐらい稼ぐとんでもないトレーダーで、ボクはその人の感覚を何としてもモノにしたい!って思ったんですね。

YouTubeに記載していた連絡先を通して「一緒にトレードさせてください!」という旨のメッセージを送ったら、幸運なことに「いいよ!」って返事をくれたんですよ。

それをきっかけに、チャットを使ってリアルタイムで一緒に売買をやり始めたわけです。

実際に一緒にトレードを始めた当初は、このロシアの人と同じタイミングでエントリーしようと思って連絡を待っていました。

そしたら「まさかここでエントリーしないだろう・・・」というところでメッセージがバンバン入るんですよ(笑)

最初は彼と同じタイミングでエントリーするのが恐怖でしかなかったです。

でも、とりあえずは現状このロシア人はFXで勝ってるんだから、指示通りにやれば勝てる!と思って、とにかく必死に彼の指示に従いました。

そうしていくうちに、なんとなくこのロシアの人が、どのタイミングでエントリーしてるのか徐々にわかってくるようになってきたんですよ。

このロシア人のトレード感覚がボクに移ってきたような気がhして、気がついた頃にはトレードにおける判断レベルが勝手に上がっていってました。

このままいけば「彼みたいに稼げるようになる!」って興奮してたんですが…

彼のトレード感覚が一定以上理解できたところで、結局連絡取るのをやめました。

なぜなら、そのロシア人は明らかに普通じゃない人、「天才よりの人」って事がわかったからです。

凡人であるボクはこれ以上このロシア人と同じトレードは続けられない、続けてたら自分が壊れてしまう・・・と思ったんですよね。

で、このロシア人とは結局お別れしちゃったんですが、ボクの中に勝ってる人の感覚は財産として残ったんですよ。

だから今現在も、当時の経験のおかげで結果を出し続けられるっていう要素はかなり大きいですね。

ちなみにですが、なぜこの方法が「勝ってるトレーダーの感覚をインストールするのに有効的なのか?」というと、勝ってる人の感覚は全て自分の判断基準の枠の外だからです。

勝ってる人と一緒にトレードすることによって、自分も想像できないような未知の判断基準をインストールすることができます。

もし、現状、FXで勝てていないということは、エントリー、利食い、損切り…どこかが「勝てる感覚」とはズレているということですからね。

だから、勝てる感覚に少しでも近づけるために、まずは勝ってる人のトレードを実際にマネして、同じ様にやってみる。

勝ってる人と同じポイントで「エントリー・利食い・損切り」することができれば、その分だけ勝率が高まりますからね。

結論としては、この勝てる感覚、勝っている人間の判断基準がインストールできれば、どんなトレードスタイルだろうが必然的に勝率は上がってきます。

そうなると裁量売買でも勝てるし、仮に自動売買ソフトを組み合わせて使っても勝てるようになります。

先程も少し述べましたが、ボクは基本的に自動売買プログラムを積極的に推奨はしていません。

でも、仮に使うとしたら、今回お話したように、最低限「勝ってるトレーダーの感覚をインストール」してから使うようにしましょう。

間違ってもラクだからといって、FXを全くやったことがない人が自動売買プログラムを使うのは避けたほうがいいですね。

お金をドブに捨てることになっちゃいますよ。

ここで勝ってる人のマネをする時の注意点として一つ言っておきますが、勝ってる人のトレード動画は一時的に勝ったやつをアップしてる人もいるので注意しましょう。

ちゃんと勝ち続けてる人のトレードを見て真似ることが大事です。

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
勝ってる人をマネし続けることによって、勝てる感覚を身につけた上で自動売買を使いこなそう!

5.FXの自動売買に関するまとめ

それでは今回のテーマである「FXの自動売買は本当に勝てるの?」についてまとめましょう。

まず、FXの自動売買ソフトで「20年間負けなし!」という売り文句をよく見かけますが、あれは大体嘘です。

吹き出し画像
あゆみん
えっ?!ウソだったんですか?!
吹き出し画像
みつしろ
今までの話聞いてた?!

プログラムをあとからいじって、負けがないように操作されてるのがほとんどなので実は信用性のないソフトが多く存在します。

そもそも、FXで勝つには現実の相場の動きだけでなく、時代背景などを含めた世の中の「空気感」を掴む必要があります。

なのに、自動売買プログラムはあくまでも過去のデータと数字しか見ていないので、人間にしかわからない「空気感」を感じることができません。

この「空気感がわからない」=「未来に起こるイレギュラーな事象」に対応できないことなので、自動売買ソフトだけでは勝てないということになるんです。

そして、FX初心者には自動売買プログラムは可動したらあとは放置できると思われているようですが、FXの世界はそんなに甘くありません。

自動売買って最終的に勝つ確率が高いプログラムであっても、途中経過を見せてくれないのがもどかしいところ。

時には、チャートがジェットコースターのように上がり下がりを繰り返す場合もあるのに、どんな過程で勝ちに導くのかを教えてくれないんです。

そんな不安だからけのチャートを本当に一切手出しせずに信用し続けられますか?という話なんですよ。

吹き出し画像
ピヨ太郎
絶対できないよねーうん。

結局、画面に貼りつき、チャートが下がり続けてる状況に耐えられなくなって手を出して最終的に負けるのがオチです。

なので、自動売買プログラムを稼働しているのはあくまで「感情を持った人間」なので、ソフトだけで勝つことはかなり至難のワザである。ということになります。

次に、世間一般で言われている自動売買のメリットが3つあってこの矛盾3つをボクがぶった斬らせてもらいました。

  • 画面に張り付く必要がなくなる
  • 利益確定、損切りを確実にできる。
  • プロ投資家が使ってるプログラムを使える。

1つ目の「画面に張り付く必要がなくなる」については、確かに、自動売買プログラムを使えば勝手に機械が操作してくれるので、人間は何もしなくてよくなります。

ですが、そこに落とし穴があって、画面を見ないがゆえに「余計にチャートが気になる」ということが起こります。

信用性に欠ける、誰が作ったかもわからないプログラムを本当に100%信じれるのか?ということです。

だから、しばしば画面を見ることが多くなると思うのでチャート画面から開放されることはほぼないと言っていいでしょうね。

2つ目の「利益確定、損切りを確実にできる」については、

設定通りに利益確定、損切りが確実にできるからといってそれが勝ちに直結するかと言うとそうではないということでした。

徐々に確実に2万ずつ損切りして200万負けるか、一気に200万負けるのかの違いでしかないのです(笑)

設定どおり損切りせず、放置しておいたほうが何十倍も稼げた可能性が何回かに一回あったりします。

その大きく勝てたかも知れないポイントでいつも早々に損切りしてたら、それは大きく勝てる可能性を摘んでることになりますよね。

FXで勝つには大きく勝った分、大きく負けた分も含めたトータルの数字で結果が出ます。

なので、決められたとおりに、利確、損切りができるからといって、勝てるかというとそうではないということです。

最後に3つ目の「プロ投資家が使ってるプログラムを使える」については、

大前提として、勝ってる人は資金量が多いので、FX初心者はそもそも戦術をマネできない場合が多いです。

また、FXという負ける人が絶対いないと成り立たない世界で、勝ちパターンをわざわざネタバレするようなバカなプロ投資家がいると思いますか?

ってことなんですよ。

大抵はすでに勝てなくなってるプログラムをプロの投資家が提供してる場合が多いですね。

そして、ボクが見てきた自動売買プログラムの最大の闇の部分があります。

それは、数ある自動売買プログラムも中身を見たら、ほぼ同じ構造になってるということです。

この理由として、自動売買ソフト販売業者がほぼ同じ内容のプログラムを業者同士で売り買いしてるんですよね。

なので、プロの投資家、販売業者どっちにしろ、FX初心者のことを考えずに自分の利益だけ優先してプログラムを提供してるということになります。

次に、これだけ自動売買を斬ってておいてアレなんですが、実はボク、自動売買プログラムを作った経験があります。

検証後にリアルトレードしてみたんですが、事前の検証では10年に一度も起こらないと予測された、最大ドローダウン(下落率)をしょっぱなから出してしまったんです。

この経験から学んだ事は大きく2つ。

・完璧だと思った自動売買プログラムであっても、プログラムの勝率はあくまで、確率論の話なので実践すると予想しない事態が起こる。

・完璧だと思ったプログラムでもそれを動かしてるのはあくまで、「感情を持った人間」なので途中で余計な手を出してしまう。

ということですね。

結局は自動売買プログラムを使うにしても、使っている人間のトレード力を上げないと使いこなせないのです。

吹き出し画像
あゆみん
だったら、仮に、自動売買プログラムを使うならどうしたらいいんですか?

その場合は、今ちゃんと勝ってる人の「勝てるトレード感覚」がわかる人間になることが必須です。

この能力を身につける為にボクがやったのは、You Tubeでトレード動画を配信している、勝ってるトレーダーと一緒にトレードをしました。

一定期間勝ってる人のトレードをそのままマネしてると、勝てるトレーダーの「感覚」がインストールされて自然と自分のトレード力が向上するんですよね。

この時身に付けた感覚がボクのトレードにおける「勝てる感覚」の礎になり、今も財産として残っているわけです。

結局「勝てる感覚」さえ習得してしまえば、自動売買をON・OFFすべきタイミングもわかってくるし、自動売買ソフトも使いこなせるようになります。

この状態になって初めて、裁量売買と組み合わせて自動売買も使おうかな?という選択肢を持てる状態になるのですよ。

でも、多くのFX初心者はこの状態になっていないのも関わらずラクをしようとして自動売買ソフトに手を出すからマズイことになる。

とにかく、自動売買ソフトの真実を知った上で、自動売買ソフトを使いこなせる「勝てる感覚」を一刻も早く身に付けてトレードで勝てる人間になりましょう!

 

FXで勝ち続ける次世代トレーディングの極意を知りたくありませんか?【豪華プレゼント付き】

メルマガでは、今回ご紹介したFXの自動売買などの様々な手法やツールについて、ブログでは書けないような更に深い内容を、様々な事例を取り上げながらご紹介しています!

今なら、FXで勝ち続けるためのメンタルと手法を学べる、電子書籍と講義もプレゼントしています!

ボクはFXトレードを通じて、人生に本当に大切な実力を磨き上げ、世の中を良くしていく仲間を増やしていきたいと思っています。

仲間づくりのために、メルマガでは質問なども受け付けていますので、ボクに直接ホットラインで質問できるようになります!
メルマガやここの記事で取り上げて、解説できることもあるかもしれませんので、ぜひ質問や感想も送ってくださいね!

↓↓↓こちらのバナーをクリックしてご登録ください!↓↓↓

電子書籍プレゼント 人気ブログランキング参加しています!
良ければ下リンクをポチッとお願いします!


為替・FXランキング

海沼光城

1984年生まれ。埼玉県出身。大学卒業後、証券会社、自己資金運用会社を渡り歩きながら、トレーダーという一匹狼の世界でしのぎを削り、毎月安定的な利益を出し続ける。堅調な日々を手にした一方で、トレードをやりながらも、同時に、もっと人と人との関わりの中で生きたいと願い、2012年に独立起業する。その後、生涯死ぬまで人生を共にする最高の仲間たちに巡り会い、わずか1年でサラリーマンの平均年収の2倍以上の収益を毎月叩き出す驚異的なビジネスの仕組み作りに成功。そして、今では心から信頼し、助けあえるその仲間たちと一緒に、飲食店のプロデュース、お米の映画作り、コミュニティ運営、トレード指導、妻と娘との自由な時間など、忙しくも充実した毎日を送っている。

Pocket