FXの利食いポイントはどこ? わかりやすい3つのルールを解説!

FX初心者のための基礎知識
Pocket

こんにちは、FXトレーダーのみつしろです。

今回は、FXの利食いの考え方やタイミングのコツをお伝えします!

吹き出し画像
おむろん
みつしろさん! いつも、利食った後でまだ伸びたり、逆に利食い損ねて含み益がなくなっちゃったりして、利益確定のタイミングがいまいちわかりません。助けてください!
吹き出し画像
みつしろ
利食いはトレードスタイルや人によっても違うけど、今回は初心者にも分かりやすくて安全な利食いのやり方を紹介しましょう

この記事では、以下のようなことをを伝えします。

  • 利食いが難しいと言われる理由
  • トレードスタイルごとの利益確定のコツ
  • トレンド相場の利益確定タイミング3つのルール
  • リスクリワードの考え方
  • 利食いのルールを守るには?

解説するのはトレード歴13年、12年負けなしのみつしろです!

お読みいただだければ、利食いのポイントが明確になってストレスが減り、もっと収益を伸ばしていただけると思います。

それでは、どうぞ!

電子書籍プレゼント

1.FXの利食い、なぜ難しい?

吹き出し画像
おむろん
利食いって難しいなあ…
吹き出し画像
みつしろ
利食い・利確のやり方はこれといった正解がないから、つかみどころがなくて難しいのはあるよね

利食いのやり方はトレーダーによっても、トレードスタイルや相場の状況次第でも変わります。

直近のサポート・レジスタンスやフィボナッチなどのテクニカル指標を使うという人もいれば、pips数を決めている人や、中には「特に決めていない」という人もいて十人十色。

トレンドの強弱や相場のボラティリティによってどこまで引っ張るかが変わってきますし、リスクをとってでも利幅を最大限に伸ばしたいか、確実にプラスを重ねて行きたいかという好みの問題もあります。

吹き出し画像
みつしろ
しかし、おむろんも利食いで悩むようになったってことは、だいぶトレードが上達したね
吹き出し画像
おむろん
えっそうなんですか!?

そもそも利食いで困ること自体が贅沢な悩みです。

利益確定で悩むということは少なくとも含み益を出せているわけで、それ以前にエントリーポイントや損切りで悩んでいる人の方が圧倒的に多いのです。

ある程度収益を出せていて「もっと伸ばしたい」と悩むようになったということは、実力が付いてきたと考えて良いでしょう。

逆に、利食いで悩むことがあまりない人は、まずはエントリーと損切りを徹底的に練習した方が良いです。

エントリーのコツはこちら↓↓

fxのエントリールール

FXのエントリールールの必要性とボクの基本ルール5つ

2019年9月17日

FXのエントリーポイントの条件3つ|初心者はこれだけ押さえよう!

2019年9月12日

損切りのやり方はこちら↓↓

FXのロット数は損切りから決めよ!計算方法、増やすタイミングは?

2020年1月31日
みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
利食いの方法は相場の状況やトレードスタイル、好みによる。正解がないからこそ、難しい。

2.トレードスタイルごとの利食いのコツ

続いては、トレードスタイルごとに特徴的な利食いのやり方やコツをお伝えしていきましょう。

2-1 スイングトレードの利食い

日をまたいで数日〜1週間ほどかけて1回のトレードを行うスイングトレードの場合は、エントリー回数が少ないため、1回あたりの勝ちが大きくないと成り立ちません。

そのため、1回の利食いでいかに利を伸ばせるかが重要になります。

実際に取りに行く利幅の目安は100pips〜500pipsくらいです。

例えば1万通貨で1ロットだったら、1万円〜5万円の利益ですね。

参考↓↓

FXのpipsの計算方法を分かりやすく解説! 利確・損切りの目安は?

2019年12月21日
吹き出し画像
おむろん
チキン利食いしちゃダメなんですね。ちょっとプレッシャーだなあ
吹き出し画像
みつしろ
裏を返せば、1回あたりの利益が大きいからそんなにトレード回数をこなさなくてもいい、とも言えます。スイングで勝てるようになれば、ずっとチャートに張り付かなくても大きく稼げるので一番ストレスが少ないですね

2-2 デイトレードの利食い

1日のうちにトレードを終えるデイトレードの場合は、スイングほど伸ばさなくてもトレード回数でプラスを積み上げて行くことが可能です。

1回のトレードの利幅は数pips〜数十pipsが目安になります。

吹き出し画像
おむろん
そこまで欲張らなくてもいいんですね

2-3 スキャルピングの利食い

スキャルピングはもっとも薄利多売で、数pipsの含み益が出たら利益確定してしまいます。

その代わり1日に何十回もトレードチャンスがあるので小さく利益を積み重ねて行くことができます。

吹き出し画像
おむろん
たくさんトレードをするのは大変だけれど、パッパッと利食いできるのは気が楽そうです
吹き出し画像
みつしろ
ただし、後述するロスカットとの比率「リスクリワード」を誤ると、勝率は良いのにトータルマイナスにもなりかねませんので注意だよ

動画でも解説しています↓↓

3.FXの利食いのタイミング3つのルール

ここからは、基本となるトレンド相場での利食いのタイミングについて、3つのルールをご紹介します。

もちろん、このルールが絶対ではないのでアレンジしていただいて構いませんが、初心者のかたはまずはそのまま試してもらうといいかと思います。

3-1 エネルギー集中ポイントを狙う

一見、無秩序に見えるチャートにも、よく見ると「安値」「高値」が集中している箇所が見つかります。

このようにエネルギーが集中しているところは相場参加者が意識しているところですので、価格が止められやすいポイントとなります。要はサポレジですね。

よって、エネルギーが集中するポイントの手前で利食って逃げておいた方が良いのです。

吹き出し画像
おむろん
えー、まだ伸びるかもしれないじゃないですか!
吹き出し画像
みつしろ
もちろん、ここで利食わずにホールドするやり方もありますよ。ボクは大変だからやらないだけで。

エネルギー集中ポイントを突き抜けるまでホールドすると、10回中7回は利を伸ばせずに終わりますが、残りの3回でその負けを大きく上回るほどの利益が出せます。

トレンドフォローの極意は「利食わない」こと。含み益を利食わずに我慢するから大きなトレンドが取れるのです。

しかし、取れるときはものすごく取れるけれど、含み益の吐き出しも多くなり、精神的には楽ではありません。

吹き出し画像
みつしろ
トレンドを全部取ろうと思ったら、それまでの含み益を全部失う覚悟が必要なんだ
吹き出し画像
おむろん
なるほど、何もかも美味しい方法はないんですね

それに対して最初のエネルギー集中ポイントの手前で利食っしまうのは確実なやり方ですが、更にもっと安全策を取ることも可能です。

3-2.おすすめの安全策

もっと安全策を狙うのなら、エントリーポイントから上記のエネルギー集中ポイントの値幅の半分あたりの地点で利食ってしまいます。

この方法は非常に取りこぼしがなく、ボクも良くやっていておすすめです。

吹き出し画像
おむろん
なんだかちょっともったいないような気がしますね
吹き出し画像
みつしろ
実際、まだ伸びることはありますが、これは割り切るしかないですね。リスクを取って全部取りに行くか、確実性を取って小さく取ってしまうか、どっちかです

エネルギー集中ポイントまで引っ張るか半分にするかの判断は相場状況と好みによりますので、色々試してみてください。

ポジションを多めに持てる場合は、一部を半分の地点で利確して、残りをホールドしておくという手段もあります。

3-3.ボリンジャーバンドを使う

吹き出し画像
おむろん
サポレジのブレイクアウトでエントリーして、押し目・戻しがないときはどうしたらいいですか? エネルギーの集中ポイントがどこだか分かりません!
吹き出し画像
みつしろ
そのときはボリンジャーバンドを使います!

トレンドが鋭角的で押し目・戻しでエントリーしていない場合は、ボリンジャーバンドの±2σにタッチするところまで持ちます。

もちろん押し目買い・戻し売りの時にも使えますが、不思議なことにだいたいエネルギー集中ポイントと重なります。

吹き出し画像
みつしろ
トレンドの角度が急だと、ボリバンを使う方が利食い幅はでます!
吹き出し画像
おむろん
なるほど、ボリンジャーバンド、使ってみます!
みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
トレンド相場での利食いポイントは、①相場のエネルギー集中ポイント(サポレジ)の手前、②またはその半分の値幅の地点、③ボリンジャーバンドの±2σに到達した地点、をねらうと確実性が高い。トレンドを全部取りに行くなら、含み益を全部失う覚悟で!

4.利益確定が上達するコツ

ここで、覚えておきたい利食いのコツをご紹介しましょう。

  1. 利益確定ポイントはエントリーした時間足で決める
  2. リスクリワードを1:2以上にする
  3. ルールを守る練習をする

それぞれ解説していきます!

4-1.エントリーした時間足で決める

利食いも損切りも、エントリーポイントを決めた時間足で決めましょう。

時間軸ごとに入ってくる売り買いの性質が異なるのと、主観を入りにくくする意味もあります。

吹き出し画像
みつしろ
環境認識のために上位足から見ていくことは大事だけれど、最終的なエントリー・利食い・損切りは同じ時間足の中で決めよう
吹き出し画像
おむろん
はーい

4-2.リスクリワードは最低1:2以上に

これも重要なのですが、損切り1に対して利食い2、つまりリスクリワード(損益比率)1:2が最低ラインです。できれば1:3くらいにしたい。

でないと、勝った時にロスカットした分の損失を回収できないからです。

勝つ時に小さくコツコツ勝って、負ける時にドカンと大きく負けていたら、たとえ勝率9割でもトータルマイナスになることがあります。

勝つ時の利幅を伸ばしにくいスキャルピングやデイトレードでは特にシビアに見ないといけません。

吹き出し画像
おむろん
利食いの幅をロスカットの2〜3倍になるようにしたら良いんですね
吹き出し画像
みつしろ
TradingView(トレーディングビュー)にはチャート上でリスクリワードを簡単に計算できるツールがあるので、エントリーの前に確認するクセをつけると良いですよ

 

ツールを選択後、チャート上のエントリーを想定している水準でクリックし、表示されたターゲット水準と逆指値水準を調整します。

画面中段の「リスク/リワード比:」のところで損益比率を確認することができます。

利益確定と損切りの兼ね合いについては、こちらの記事もご参考にどうぞ↓↓

FXのpipsの計算方法を分かりやすく解説! 利確・損切りの目安は?

2019年12月21日

4-3.ルールを守る練習をする

最後にまたまた重要なのが「ルールを守る練習」です。

利食いに限ったことではありませんが、せっかくルールを決めても守れなければ意味がありません。

例えば、こんな失敗パターンの経験はありませんか?

  • ちょっと逆行したら含み益を失うのが嫌で早めに利益確定したら、その後伸びていた
  • 必要以上に粘っていたら反転し、エントリーの価格で決済することになった、または損切りすることになった
吹き出し画像
おむろん
ぐぬぬ、めっちゃあります…
吹き出し画像
みつしろ
そうなってしまうのは、人間どうしても「損をしたくない」という心理が働くからなんだ。行動経済学ではプロスペクト理論と呼ばれているよ

プロスペクト理論を克服する唯一の方法、FXで勝つEQの鍛え方。

2020年3月5日

単純に考えて、ルールを決めてそのルールを100%守れるなら何も苦労しませんよね。

みんなダイエットに成功しているし、貯金もできるし、トレードだってまるで自動売買システムのように正確に取引ができるはずです。

ですが実際には、欲望や心の弱さのせいで自分で「こうするぞ」と決めたルールを守れず、おかしな行動を取って失敗してしまいます。

吹き出し画像
おむろん
じゃあ、利食いのルールが守れるようになるにはどうすればいいんですか?
吹き出し画像
みつしろ
それには、トレードをしていない時間の過ごし方から練習することです!

例えば、朝は何時に起きてトレードの勉強をするとか、コンビニでお菓子の買い食いをしないとか、「本当はやった方がいいとわかっているけど、できていないこと」があると思います。

そういった、自分で「やる」「やらない」と決めたことをちゃんと守る経験を繰り返すことで「自分は、自分のルールをちゃんと守れる人間なんだ」というセルフイメージを積み上げて行くことができるのです。

そのすごい例が、ミュージシャンのGACKT(ガクト)です。

吹き出し画像
おむろん
ガクトって、芸能人格付けチェックとかに出ているガクトですか?
吹き出し画像
みつしろ
そう。人から勧められて『GACKTの勝ち方』っていう本を読んだんだけど、あれめちゃくちゃいい本だね。

『GACKTの勝ち方』

派手な暮らしぶりや、俺様な態度のイメージが強いガクトですが、実はめちゃくちゃストイックな生活を送っているようです。

毎日2時間筋トレしたり、好きな米やラーメンを何年も我慢したり、コンサートはお客さんを楽しませるためにめちゃくちゃ研究しているとのこと。

実際、知り合いの経営者のかたがガクトのコンサートにたまたま行ったら、全くファンじゃなくて初見だったにも関わらずめちゃくちゃ面白かったと言っていました。

吹き出し画像
みつしろ
急にそこまでストイックにやるのは大変だけれど、例えば毎朝お茶を入れて飲むとか、できるところからやって少しずつ自信をつけていこう
吹き出し画像
おむろん
へー(お茶を飲んでトレードが本当に上手になるのかなあ…)

ちょっと訝しげな顔をされているので、ボクのコミュニティで実際に日常生活を変えている、うえすぎさんからのメールをご紹介しましょう。

過去検証をして、その手法の期待値がプラスになることが分かれば、余計なこと(ルール破り)をしなくなると思っていました。
プロスペクト理論を理解すれば、チキン利食いもロスカット位置の変更もしなくなると思っていました。
毎日毎日エントリーとイグジットを繰り返していれば、感情の起伏も無くなっていくと思っていました。

違うんですね。
いずれも、そうなるように努力しないといけないんですね。
最近、それが身に染みてわかるようになってきました。

「信号を守るくらいでトレードが上達するのか?」
などと思わず、まずは一つ一つ日常生活から「丁寧」を心がける「努力」そすることから始めたいと思います。

うえすぎさんより

吹き出し画像
おむろん
なるほど! 私も日常から変えて、利食いの練習をします!!
吹き出し画像
みつしろ
頑張れ〜

実は手法よりも大事なメンタルトレーニングのやり方は、ボクの無料メールマガジンの中でもお伝えしています。合わせてお読みください!

動画でもお話ししています↓↓

みつしろの視点
吹き出し画像
みつしろ
利食いポイントはエントリーと同じ時間軸で決め、リスクリワードは1:2以上にしよう。ただし、そのルールを守れなければ意味がない! 日常から自分で決めたことをしっかり実行して、セルフイメージを上げていこう。

5.まとめ

では、今回のまとめです。

一言で言うと、利食いは自由! ある程度のところで確実にリグっても良いし、リスクをとってトレンドを全部取りに行くのもあり。

ただし、全部取ろうとすると含み益の吐き出しも多くなり精神的にきついので、ボクのおすすめはエネルギー集中ポイント(サポレジ)の手前かその半分あたりでの利益確定、またはボリンジャーバンドを使う方法です。

特にやり方が決まっていない人はひとまずそのまま真似してから、あなたに合ったやり方に調節してみてください。

FXで勝ち続ける次世代トレーディングの極意を知りたくありませんか?【豪華プレゼント付き】

今回は「FXの利食い」についてご説明してきましたが、いかがだったでしょうか?

メルマガでは、ブログでは書けないような更に深い内容を、様々な事例を取り上げながらご紹介しています!

知識がついたら、実践していくことが大切ということは、冒頭でもお伝えしました。

では、具体的にどんなことに取り組んでいけば良いのか? ということを、

FXで勝ち続けるためのメンタルと手法を学べる、電子書籍と講義(期間限定のプレゼント)でお伝えしています

ボクのが実現した未来は、FXトレードを通じて、人生に本当に大切な実力を磨き上げ、世の中を良くしていく仲間を増やしていくことです。

仲間づくりのために、メルマガでは質問なども受け付けていますので、ボクに直接ホットラインで質問できるようになります!

メルマガやここの記事で取り上げて、解説できることもあるかもしれませんので、ぜひ質問や感想も送ってくださいね!

↓↓↓こちらのバナーをクリックしてご登録ください!↓↓↓

電子書籍プレゼント P.S.
FXについてどこからはじめて良いかわからない方はこちらの記事から読んでみてください!


P.P.S.
FXで自由な時間とお金が欲しい? まずはこの記事で「FXトレーダーの真実」を知ってください…。


人気ブログランキング参加しています!
良ければ下リンクをポチッとお願いします!


為替・FXランキング

みつしろ

1984年生まれ。埼玉県出身。大学卒業後、ゴールデンバーグヘイマイヤーユニコムジャパン(証券会社)や、SAアセット株式会社(ヘッジファンド)を渡り歩きながら、トレーダーとして、毎月400万以上の安定的な利益を出し続ける。2012年にトレードの情報発信を開始し、起業し、年収1億円を達成。その後、最高の仲間たちと出会い、一緒に飲食店のプロデュース、映画作り、コミュニティ運営、トレード指導、妻と娘との自由な時間など、忙しくも充実した毎日を送っている。数々のトレーダーを生み出したことをきっかけに、YouTubeでも発信をはじめ、たった数ヶ月で約4万人のチャンネル登録をされ、数百人の前でセミナーをすることも。ただ稼ぐだけでなく、FXトレーダーが真に充実して幸福な人生を送るために必要なことを、多くの人に伝える活動をして、プロトレーダー育成に力を入れている。

Pocket